Academic Box Logo

隣の家の少女の実話から学ぶ、近隣トラブルに潜む恐怖

こんにちは、ライターのAnnaです。今回は、隣の家の少女の実話から学ぶ、近隣トラブルに潜む恐怖についてご紹介します。

メグの悲劇

メグがルースから受けた虐待は、最終的にどのような結果をもたらしたのか?

悲劇が訪れた

メグはルースから虐待を受け、最終的に悲劇が訪れる。

メグはルースの息子たちや近所の少年少女をも巻き込み、強烈な悪意に襲われる。

原作小説はジャック・ケッチャムによるもので、1960年代のアメリカ、インディアナ州で起きたシルヴィア・ライケンス事件を元にしたフィクションである。

本作品の大まかな部分は実際に起きた出来事と同じだが、事故で両親を亡くしたという設定やデイヴィットの存在はフィクションである。

シルヴィア・ライケンス事件をモチーフにした映画がもうひとつあり、タイトルは「アメリカン・クライム」である。

こちらは実際の事件を忠実に再現しており、主演はエレン・ペイジである。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】『隣の家の少女』/加速してゆく悪意に、容赦なく打...

母娘の絆の象徴

ルースの遺体からデヴィッドが取り返した指輪にはどんな意味があったのでしょうか?

母娘の絆の象徴

ルースはメグの母親でしたが、夫のデヴィッドと不倫し、デヴィッドの子供を堕胎させます。

デヴィッドはメグに真実を告げ、ルースはメグから疎遠になってしまいます。

メグが亡くなった後、デヴィッドはルースの遺体から指輪を取り返してメグに返します。

この指輪は、母娘の絆の象徴であり、メグが母親を愛していたことを示しています。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『隣の家の少女』のネタバレあらすじ結末と感想

姉の行方不明事件

ある日、警察官がデヴィッドの家に訪ねてくるが、その理由は何だったのか?

姉の行方について質問するため

隣に住むルースの地下室で、メグはルースの息子達から暴行を受けていた。

デヴィッドは、メグを助けたいと思っていたが、ルースを恐れて何もしなかった。

ある日、警察官がデヴィッドの家に訪ねてくる。

その理由は、姉の行方について質問するためだった。

ルースは、姉が買い物に行っていると言っていたが、実際にはメグを地下室に監禁していた。

デヴィッドは、メグを助けるために警察官に真実を話そうとしたが、ルースを恐れて結局何も言えなかった。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『隣の家の少女』のネタバレあらすじ結末と感想

少女の隣の家で起こった事件

殺人事件は、少女のどこで起こった?

インディアナ

隣の家の少女とは、ジャック・ケッチャムによる1989年発売の小説、及び同作を原作とした映画である。

公判で検察官により「インディアナで起きた最も恐ろしい犯罪」と称された、シルヴィア・ライケンス殺害事件からインスピレーションを受けて記された。

詳しくみる ⇒参照元: 隣の家の少女

デイヴィットの苦悩

デイヴィットは、なぜメグを救えなかったのでしょうか?

傍観者だったから。

デイヴィットは、ルースに釘差され脅されてたので、何もできなかった。

しかし、舞台は1950年代の田舎の小さな町。

今の価値観をそのまま持ち込むのは難しいのかもしれない。

デイヴィットの無邪気だった少年時代はあの事件で終わってしまった。

彼は大人になってもメグを救えなかったことに苦悩している。

詳しくみる ⇒参照元: 【ネタバレ】『隣の家の少女』/加速してゆく悪意に、容赦なく打...

暴力と性的虐待

メグは何をされましたか?

暴力と性的虐待

ルースはメグを呼びつけ叱り、地下室でメグを両手を縛って吊るしました。

息子たちはメグの服を脱がせ、全裸にすると告白しろとせかしました。

デヴィッドに助けを求めますが何もできませんでした。

ルースはメグは汚いので絶対に触るなと言って息子たちを出て行かせました。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『隣の家の少女』ネタバレあらすじ結末と感想|映画ウォッチ

地下室からの脱出

メグはなぜ脱走しようとしてルースに見つかってしまったのか?

息子にレイプされている現場に遭遇したため

ルースは息子の犯行現場に遭遇したメグに懲罰として、ヘアピンを火で炙り、身体に「I FUCK FUCK ME(私を犯して)」と消えない傷跡を刻む。

ルースはこれによってメグが二度と好きな男の前で服も脱げず、結婚もできないとほくそ笑む。

デヴィッドはメグを助けようと脱出計画を立てるが、その前にメグの性器をバーナーで焼くことを提案される。

デヴィッドはそれを阻止するために動いた。

詳しくみる ⇒参照元: 映画『隣の家の少女』のネタバレあらすじ結末と感想