Academic Box Logo

信楽焼たぬきって?その由来に迫る!起源は意外なあの姿とは!?

信楽焼たぬきって?その由来に迫る!起源は意外なあの姿とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 信楽焼たぬきの起源は明治時代末期とされています。陶芸家の藤原銕造が、腹づつみを打つ姿のたぬきを再現したのが始まりとされています。この作品が評判を呼び、現在の愛らしい信楽焼たぬきの原型となったのです。

💡 江戸時代後期には素朴なたぬきの焼き物が作られていたそうですが、愛らしい現在の姿になったのは藤原銕造の作品からです。藤原銕造のたぬきは、当時の人々に大好評で、瞬く間に全国に広まりました。

💡 信楽焼たぬきの特徴である腹づつみを打つ姿は、昔話に登場する「たぬきばやし」という腹づつみを打って踊るたぬきの姿がモデルになっています。この愛らしい姿が、信楽焼たぬきが縁起物として人気を集める理由の一つとなっています。

ではさっそく、記事の内容に入っていきましょう。信楽焼たぬきに関する、あまり知られていない意外な事実が満載ですよ。

信楽焼たぬきの起源

それでは、信楽焼たぬきの起源についてもう少し詳しく見ていきましょう。信楽焼たぬきの歴史や、藤原銕造という人物についても触れていきます。

🔖 関連記事の要約!昭和前期 信楽焼 【初代 狸庵(藤原銕造)作】 『古く白い 狸 置物高さ約46cm』 白狸 希少な白狸です。(信楽)
昭和前期 信楽焼 【初代 狸庵(藤原銕造)作】 『古く白い 狸 置物高さ約46cm』 白狸 希少な白狸です。(信楽)

✅ 信楽焼のたぬきは、明治時代末期に陶芸家の藤原銕造が、腹づつみを打つ姿のたぬきを再現したのが始まりとされています。この作品が評判を呼び、現在の愛らしい信楽焼たぬきの原型となりました。

✅ 江戸時代後期にはすでに信楽焼でたぬきの焼き物が作られていましたが、藤原銕造の作品のような愛らしい姿ではなく、どちらかというと素朴なものでした。

✅ 信楽焼たぬきの特徴的な姿である、腹づつみを打つ姿は、藤原銕造の作品に由来しています。この姿は、昔話に登場する「たぬきばやし」という腹づつみを打って踊るたぬきの姿がモデルになっています。

さらに読む ⇒【オークファン】オークション落札相場検索。対応サイトはYahoo!オークション(旧ヤフオク!)・Amazon・楽天など【オークファン】オークション落札相場検索。対応サイトはYahoo!オークション(旧ヤフオク!)・Amazon・楽天など出典/画像元: https://aucview.aucfan.com/yahoo/s1053004130/

藤原銕造さんの作品が評判を呼んで、現在の愛らしい信楽焼たぬきの原型になったんですね。藤原銕造さんって、すごい才能の持ち主だったんでしょうね。

信楽焼のたぬきは、明治時代末期に藤原銕造が腹づつみを打つ姿のたぬきを再現したのが始まりです。江戸時代後期にはすでに作られていましたが、現在の愛らしい姿は藤原の作品が最初とされています。

めっちゃかわいいですよね~!縁起物としても人気があるみたいやし、私も家に飾りたいなぁ。

やっぱ伝統工芸ってすごいっちゃね。時代が変わっても愛され続ける魅力があるんやね。日本人の心と伝統が詰まっとるって感じやね。

わたくしも昔、信楽焼たぬきをもらったことがあるんじゃがのぉ。家の玄関に飾っとったら、災難よけになるそうじゃよ。おかげさまで、わたくしの家はこれまで大きな災難に遭わずに済んどるんじゃ。

昭和天皇の行幸がきっかけで全国に広まる

続いて、信楽焼たぬきが全国に広まったきっかけについて見ていきましょう。昭和天皇の歌が、信楽焼たぬきの運命を変えたと言っても過言ではありません。

🔖 関連記事の要約!信楽焼 《奉迎の狸「天皇陛下行幸記念」》 — Google Arts & Culture
信楽焼 《奉迎の狸「天皇陛下行幸記念」》 — Google Arts & Culture

✅ 昭和26年(1951年)の昭和天皇の信楽行幸の際、信楽では陶器産地であることにちなんで、火鉢を積み上げてアーチを作り、日の丸の旗を持たせた信楽焼のたぬきを並べて奉迎した。これをı昭和天皇がご覧になり、大変喜ばれて「おさなとき あつめしからに なつかしも しがらきやきのたぬきをみれば」と歌を詠まれた。

✅ この昭和天皇の歌が報道を通じて全国的に注目され、それまで地域限定で知られていた信楽焼たぬきの知名度が一気に全国区となった。

✅ また、たぬき文化研究家・石田豪澄が考案した「信楽狸八相縁起」のしおりが信楽の陶器店で販売された。この「信楽狸八相縁起」は、たぬきの伝承をベースに作られたもので、縁起の良いものとして喜ばれ、信楽焼たぬきが縁起物として好まれるようになった。

さらに読む ⇒Google Arts & CultureGoogle Arts & Culture出典/画像元: https://artsandculture.google.com/asset/h%C5%8Dgei-no-tanuki-tenn%C5%8D-heika-gek%C5%8D-kinen/RwHJLOSsOYWxjw?hl=ja

昭和天皇の歌がきっかけで全国的に注目されたんですね。さすがは昭和天皇やね。その一言で一気に有名になっちゃったんや。

1951年の昭和天皇の行幸では、沿道に信楽焼のたぬきが飾られました。昭和天皇がたぬきを見て歌を詠んだことがきっかけで、全国に広まることとなりました。

えー!昭和天皇って歌詠むんやぁ!知らんかったわ。さすがは昭和天皇やね。

昭和天皇の歌で、信楽焼たぬきが一躍有名になったんやね。昭和天皇ってば、影響力抜群やん!

わたくしも昭和天皇にお目にかかりたかったのじゃがのぉ。きっと素敵な方じゃったろうねぇ。わたくしも昭和天皇の歌を聞いてみたかったのじゃ。

「八相縁起」にちなんだ縁起物

最後に、信楽焼たぬきにまつわる「八相縁起」について見ていきましょう。八相縁起とは、信楽焼たぬきの体の各部位にまつわる縁起の良い言い伝えのことです。

🔖 関連記事の要約!信楽焼 8号座り小判狸 たぬき タヌキ 狸 開運 縁起物 厄除け 可愛い 商売繁盛 ギフト 開店祝 置物 かわいい 信楽焼き ta
信楽焼 8号座り小判狸 たぬき タヌキ 狸 開運 縁起物 厄除け 可愛い 商売繁盛 ギフト 開店祝 置物 かわいい 信楽焼き ta

✅ 信楽焼のたぬきには「八相縁起」と呼ばれる縁起があり、笠は厄除け・魔除け、目は気配り、顔は愛嬌、しっぽは大器晩成、お腹は貫禄・落ち着き、金袋は金運アップ、徳利は食べ物・飲み物に困らない、通い帳は信用第一とされています。この「八相縁起」にちなんだ縁起物として、信楽焼のたぬきは昔から福を呼ぶ縁起物とされています。

✅ また、信楽焼のたぬきは、ひょうきんな顔や福々しいお腹など、愛らしい姿が特徴です。この愛らしい姿は見ている人の心を和ませてくれることから、信楽焼のたぬきは縁起物としてだけでなく、インテリアとしても人気があります。

✅ そのため、信楽焼のたぬきは自分用はもちろん、贈り物としても大変人気の高い置物となっています。新築祝、結婚祝、開店祝など、さまざまなシーンで贈り物として喜ばれています。

さらに読む ⇒ Yahoo!ショッピング Yahoo!ショッピング出典/画像元: https://store.shopping.yahoo.co.jp/shigaraki/ta-0201.html

縁起物として人気なんですね。縁起物って、なんとなく縁起良さそうやけど、具体的にどんな縁起があるんやろ?

信楽焼のたぬきには「八相縁起」と呼ばれる縁起があり、体の各部位に効果があるとされています。笠は厄除け・魔除け、目は気配り、顔は愛嬌、しっぽは大器晩成、お腹は貫禄・落ち着き、金袋は金運アップ、徳利は食べ物・飲み物に困らない、通い帳は信用第一とされています。

へぇ~笠が厄除けなんやぁ。勉強になるわぁ!笠って、なんか縁起良さそうな形しとるもんね。

八相縁起を意識して作られたんやね。縁起物ってステキやね。縁起物って、持ってるだけでなんか良いことありそうやもんね。

わたくしも八相縁起のたぬきが欲しいのじゃがのぉ。きっと縁起が良かろうて。わたくしも縁起の良い毎日を送りたいのじゃ。

たぬき村で体験と見学

それでは、信楽焼たぬきを実際に体験できるスポットをご紹介します。滋賀県にある「信楽陶苑たぬき村」では、信楽焼たぬきの見学や陶芸体験が楽しめます。

🔖 関連記事の要約!体験する!

公開日:2021/03/10

体験する!

✅ 滋賀県甲賀市信楽町にある「信楽陶苑たぬき村」では、日本一大きい信楽焼のたぬきや様々な表情のたぬきを見学できます。また、敷地内にはたぬき神社もあり、たぬきに関するユニークな展示品を見ることができます。

✅ また、「たぬき村」では絵付け体験や電動ロクロ体験などの陶芸体験も楽しめます。絵付け体験では、湯呑み茶碗や貯金箱などの素焼きに絵付けができ、電動ロクロ体験ではろくろを使って器づくりに挑戦できます。

✅ 初心者でも楽しめるコースが用意されており、所要時間は絵付け体験で30分から40分、電動ロクロ体験で60分から90分、手びねり体験で80分です。たぬき村には陶芸教室があり、経験豊富な講師が丁寧に指導してくれます。

さらに読む ⇒信楽陶苑たぬき村信楽陶苑たぬき村出典/画像元: https://tanukimura.com/tougei/

初心者でも楽しめるコースがあるのは嬉しいですね。陶芸って難しそうやけど、初心者でも楽しめるんやったら挑戦してみたいかも。

滋賀県甲賀市信楽町にある「信楽陶苑たぬき村」では、日本一大きい信楽焼のたぬきや様々な表情のたぬきを見学したり、陶芸体験を楽しめます。絵付け体験や本格的な電動ロクロ体験など、初心者でも楽しめるコースが用意されています。

滋賀県にあるんやぁ!今度お友達と行ってみようかな。信楽焼たぬきを実際に見てみたいし、陶芸体験も楽しそうやし。

電動ロクロとか楽しそうっちゃね。自分だけのたぬき作れんのってワクワクするじゃん!世界に一つだけのオリジナルたぬきができるんやもんね。

わたくしも昔、陶芸教室に通うとったんじゃがのぉ。手びねりで湯呑みを作ったんじゃが、いびつすぎて使えんかったのじゃ。わたくしには陶芸の才能がなかったようじゃのぉ。

以上、信楽焼たぬきに関する記事でした。信楽焼たぬきについて、少しは興味を持っていただけましたでしょうか?

🚩 結論!

💡 信楽焼たぬきの起源は明治時代末期で、藤原銕造の作品が原型となっています。この愛らしい姿が人々に受け入れられ、現在では縁起物として人気が高いです。

💡 昭和天皇の行幸がきっかけで全国に広まり、現在では縁起物として人気があります。昭和天皇の歌のパワーってすごいですね。

💡 滋賀県にある「信楽陶苑たぬき村」では、信楽焼たぬきの見学や陶芸体験が楽しめます。初心者でも楽しめるコースがあるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。