Academic Box Logo

布用染色ペンで色落ちした服を瞬時に修復!ポリエステルも10秒で元通り

こんにちは、ライターのAnnaです。今回は、色落ちしてしまった服を布用染色ペンを使って簡単に修復する方法をご紹介します。

布用染色ペンで色落ちした服を蘇らせる方法

色落ちしたお気に入りの服を蘇らせる方法は?

布用染色ペンで修復できる。

布用染色ペンは1本168円で、お金をかけずに、お気に入りの服が蘇る。

Tシャツ、デニム、ジーパン、カーディガン、トレーナーなど、布製の服なら蘇る。

使い方も簡単で、色落ちした部分にペンで塗るだけ。

乾いたら元通りに。

詳しくみる ⇒参照元: 漂白剤で色落ちした服を10秒修復【ポリエステル】魔法のペン

色落ちした服の直し方

色落ちした服を直す手段は何ですか?

布用染色ペン

色落ちした服を直す手段として、布用染色ペンを使うことができます。

布用染色ペンは、一部の色落ちや傷んだ箇所を修復するのに便利なツールです。

ただし、必ずしも全ての場合に効果があるとは限りません。

特に、色や素材によっては染料がうまく染み込まないこともありますので、注意が必要です。

クリーニングのプロフェッショナルに相談することも考えてみてください。

特に貴重なお気に入りの服や、特殊な素材の場合は、専門家のアドバイスが最善の解決策となることがあります。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポリエステルにも 】漂白剤で色落ちした服を、10秒で修復す...

服の色落ちを補修するなら布用染色ペン

服が色落ちしてしまった場合に新品に買い換えるのは面倒です

布用染色ペン

布用染色ペンは、色が豊富に発売されているので、さまざまな服の修復に対応できます。

使い方は、マジックで服をなぞるだけなので、お子さんでも修復できちゃいます。

ペンをなぞったあと、仕上げにアイロンがけをすることで、色落ちしにくくなります。

ポリエステルの色落ちも補修できます。

詳しくみる ⇒参照元: 漂白剤で色落ちした服を10秒修復【ポリエステル】魔法のペン

布用染色ペンのメリット

布用染色ペンは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

コストパフォーマンスが高く、手軽に使えて、素早く染まる

布用染色ペンは、168円で元通りというコストパフォーマンスの高さ、手軽さ、10秒で修復できる手軽さ、耐水性の顔料インクでしっかり染まるというメリットがあります。

特に家族がいるご家庭や修復したい服が多い場合、クリーニング代金を抑えながら色々な服を修復することができます。

また、汚れやすい場所の修復にも便利です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポリエステルにも 】漂白剤で色落ちした服を、10秒で修復す...

10秒で服の色落ちを修繕できる布用染色ペン

服の色落ちを修繕したいけど面倒なことは避けたい場合、どうしたらいい?

布用染色ペンを利用しよう。

布用染色ペンは、色落ちした服を10秒で修復できる。

塗り絵のようにペンを服になぞるだけで、出社前に発見した色落ちも、ささっと修復できる。

生地用のインクを使用しているため、生地との相性がよければ、しっかり染まる。

また、耐水性の顔料インクを使用しているため、布に描いてもにじみにくく、耐水性・耐候性に優れている。

詳しくみる ⇒参照元: 漂白剤で色落ちした服を10秒修復【ポリエステル】魔法のペン

布用染色ペンのデメリット

色褪せしない布用染色ペンのデメリットは何ですか?

再利用できない

布用染色ペンは洗濯を繰り返しても色が保たれますが、布以外には使えません。

一度使ったら再利用は難しく、色合いのマッチングも難しいです。

レザーやシルクなど一部の素材には使えることもありますが、その他の素材には適していないことが多いようです。

特に布以外の修復を考える場合は、専門業者に相談したり、他の方法を模索することが重要です。

詳しくみる ⇒参照元: 【ポリエステルにも 】漂白剤で色落ちした服を、10秒で修復す...