Academic Box Logo

自撮りで鼻が大きく写る謎!その原因と対策は?自撮りの写真で小顔になる方法が話題に!?

自撮りで鼻が大きく写る謎!その原因と対策は?自撮りの写真で小顔になる方法が話題に!?
📘 この記事で分かる事!

💡 自撮りでスマートフォンのカメラレンズが顔に近すぎると、鼻が最大30%大きく写ることが研究で判明しました。これは、広角レンズが接写すると被写体を歪めてしまうというレンズの特性によるものです。

💡 自撮りで顔の歪みを軽減するには、カメラを顔からできるだけ離し、フレームの中心に頭を置くことが重要です。これにより、鼻が大きく映るのを防ぎ、より正確な自撮り写真を撮ることができます。研究では、顔の歪みを最小限に抑える最適な撮影距離は1.5メートルであることが判明しました。

💡 自撮りを盛るためのテクニックが4つ紹介されています。1. 顎を写して下顎の輪郭を強調する、2. 体を前傾させて高い頬骨と大きな目を強調する、3. 左側をレンズに向けることで「ベストアングル」になる、4. カメラを見上げることで歪みが軽減されて見映えが向上する。

それでは、この記事をご覧いただき、自撮り写真のをもっと美しく仕上げるコツを学んでいきましょう。自撮りをすると、鼻が大きく写ってしまったり、顔が歪んで写ってしまったりすることがあります。そんな悩みを解決するための方法を、わかりやすく解説していきます。

自撮りにおける鼻の歪み

それでは、自撮りで鼻が大きく写ってしまう原因について、詳しく見ていきましょう。自撮りでカメラレンズが顔に近すぎると、顔、特に鼻が実際よりも最大30%大きく映ることが研究で判明した。これは、広角レンズが接写すると被写体を歪めてしまうというレンズの特性による。

🔖 関連記事の要約!自撮りで鼻が30%大きく見える —— 防ぎ方は?(ビジネスインサイダージャパン)
自撮りで鼻が30%大きく見える —— 防ぎ方は?(ビジネスインサイダージャパン)

✅ 自撮りでスマートフォンのカメラレンズが顔に近すぎると、顔、特に鼻が実際よりも最大30%大きく映ることが研究で判明した。この歪みは、広角レンズが接写すると被写体を歪めてしまうというレンズの特性による。

✅ 自撮りで顔の歪みを軽減するには、カメラを顔からできるだけ離し、フレームの中心に頭を置くことが重要。これにより、鼻が大きく映るのを防ぎ、より正確な自撮り写真を撮ることができる。

✅ 研究では、顔の歪みを最小限に抑える最適な撮影距離は1.5メートルであることが判明した。この距離を保つことで、自撮り写真はより自然で正確なものになる。

さらに読む ⇒LINE NEWSLINE NEWS出典/画像元: https://news.line.me/detail/oa-businessinsider/aac2fee2c1cf

自撮りをするときは、顔からカメラを遠ざけて撮影することが大切です。そうすることで、鼻が大きく写るのを防ぎ、より自然な写真を撮ることができます。研究では、顔の歪みを最小限に抑える最適な撮影距離は1.5メートルであることが判明しました。

近年、自撮りを撮影する際に鼻が大きく写ることが問題視されており、医学的な調査により、自撮り距離では顔の歪みが発生し、鼻が最大30%大きく見えることが判明した。

マジ卍!鼻ってこんなに大きく写るんやなぁ。

へぇ〜、知らんかった。今度から気をつけて撮ってみるばい!

あらぁ、こんな話初めて聞いたわぁ。勉強になるねぇ。

自撮り改善テクニック

それでは、自撮りを盛るためのテクニックを4つご紹介します。自撮りを盛るためには、顎を写したり、体を前傾させたり、左側をレンズに向けるのが効果的です。

🔖 関連記事の要約!写真の盛り方はこれで完璧】自撮りでうまく撮るコツを徹底解説!
写真の盛り方はこれで完璧】自撮りでうまく撮るコツを徹底解説!

✅ 自撮りを盛るための4つのテクニックは、顎を写して下顎の輪郭を強調する、体を前傾させて高い頬骨と大きな目を強調する、左側をレンズに向けることで「ベストアングル」になる、カメラを見上げることで歪みが軽減されて見映えが向上する。

✅ 盛れる表情は人によって異なるので、自分の最も可愛く写る表情を見つけるために何度も自撮りをすることが重要。顎を引くと小顔効果が得られ、少しアヒル口にするとセクシーな印象になる。

✅ 盛れる角度は20度か45度で、視線は上目遣いにすると目が大きく、可愛らしく見える。また、あえて視線を外すことでこなれ感や自然さを演出することができる。

さらに読む ⇒ミツモア - くらべて選んで明朗会計ミツモア - くらべて選んで明朗会計出典/画像元: https://meetsmore.com/services/audition-photographers/media/24918

自撮りを盛るテクニックはいろいろありますが、顎を写したり、体を前傾させたり、左側をレンズに向けるのが効果的です。顎を引くと小顔効果が得られ、少しアヒル口にするとセクシーな印象になります。盛れる角度は20度か45度で、視線は上目遣いにすると目が大きく、可愛らしく見えます。また、あえて視線を外すことでこなれ感や自然さを演出することができます。

自撮りを改善するためのテクニックが4つ提唱されている。1. 顎を写す:顔を横に向け、下顎を強調することで、下顎の輪郭がくっきりと見えるようになる。2. 体を前傾させる:身を乗り出して高い頬骨と大きな目を強調し、頬をカメラに近づける。3. 左側をレンズに向ける:左頬を突き出すことで、古典絵画でも好まれる「ベストアングル」になる。4. カメラを見上げる:カメラを目の高さよりもわずかに上にすると、歪みが軽減され、見映えが向上する。ただし、非常に高い角度からの撮影は避けるべきである。

ほほう、こりゃ使えるテクニックやん!

へぇ〜、こんな方法があったんやね。今度試してみるばい!

あらぁ、どれも簡単にできそうね。今度孫に教えてあげなくちゃ。

注意事項

最後に、自撮りをするときの注意事項を1つご紹介します。自撮りをするときは、カメラを真上から撮影しないようにしましょう。真上から撮影すると、顔が歪んで写ってしまうことがあります。

🔖 関連記事の要約!自撮りした顔は実はゆがんでる!資生堂が「自撮り補正技術」を開発 女性のための、ビューティーナビニュース
自撮りした顔は実はゆがんでる!資生堂が「自撮り補正技術」を開発 女性のための、ビューティーナビニュース

✅ スマートフォンの自撮りカメラは広角レンズを使用しているため、顔の中心にある鼻や口などのパーツは大きく写り、輪郭や髪などの後方にあるパーツは小さく写ってしまう。この結果、自撮り写真は顔が歪んで写ってしまう。

✅ 資生堂は、自撮りによる顔の歪みを補正する技術を開発し、「ワタシプラス」のコンテンツ「ビューティーチェック ポイントメーキャップ」に搭載した。この技術は、顔のパーツのバランスを分析し、歪んだ顔を補正することができる。

✅ この技術が普及すれば、自撮りがより楽しくなり、自分の顔をより正確に表現できるようになる可能性がある。

さらに読む ⇒女性のための、ビューティーナビニュース -女性のための、美容と健康の最新ニュースをお届け!-女性のための、ビューティーナビニュース -女性のための、美容と健康の最新ニュースをお届け!-出典/画像元: http://www.bty-navi.jp/news_b9JHG0WPXS.html

自撮りをするときは、カメラを真上から撮影しないようにしましょう。真上から撮影すると、顔が歪んで写ってしまうことがあります。スマートフォンの自撮りカメラは広角レンズを使用しているため、顔の中心にある鼻や口などのパーツは大きく写り、輪郭や髪などの後方にあるパーツは小さく写ってしまいます。この結果、自撮り写真は顔が歪んで写ってしまいます。

非常に高い角度からの撮影は、顔の歪みをさらに悪化させるため避けるべきである。

えぇー!知らんかったぁ。今度から気ぃつける!

ほんなこつばい?気をつけんなんばい!

あらぁ、そんなこともあるのね。勉強になるわぁ。

以上、自撮り写真の鼻の歪みについて、解説してきました。自撮りをする際は、ぜひ今回ご紹介したコツを実践してみてくださいね。

🚩 結論!

💡 自撮りで鼻が大きく写ってしまう原因は、カメラレンズと顔の距離が近いためです。

💡 自撮りを盛るためには、顎を写したり、体を前傾させたり、左側をレンズに向けるなどのテクニックがあります。

💡 自撮りをするときは、カメラを真上から撮影しないように注意する。