Academic Box Logo

新浪剛史の家族と子育てについて、母親との深い絆を探る

ライターのSaraです。新浪剛史の家族と子育てについて、母親との深い絆を探ります。

サントリー社長新浪剛史の年収

サントリーの社長 新浪剛史さんの年収はどれくらい?

1億円未満

サントリーの社長 新浪剛史さんの年収に関する公式の情報はありません。

有価証券報告書には、年法が1億円を超える取締役がいる場合、該当者の氏名と役員報酬額が掲載されますが、その記載がないことから新浪さんの年俸は1億円未満と想定されます。

新浪さんは、65.2万株のサントリーHD株を所有しており、同社の株価は社長就任以来1400円近く上昇しています。

新浪さんの所有株の潜在的な評価益は9億円近くと想定されます。

詳しくみる ⇒参照元: サントリーの社長|新浪剛史(にいなみ ...

ローソンの大改革

ローソンが売上を伸ばすために新浪剛史が導入した経営改革は何か

支社制による分権経営。

ローソンは、業績悪化に苦しんでいたが、新浪剛史が社長に就任してから、食材にこだわったおにぎりを発売し、大ヒットさせた。

この成功を土台に、新浪剛史はローソンの営業エリアを七つに分けた支社制を導入し、商品開発や人事など本社の持つ権限を委譲した。

これは、コンビニ業界では奇策ともいえるものだったが、新浪剛史は、対マスではなく、あくまで地域の環境や顧客に対応した個店としてのローソンを目指していた。

詳しくみる ⇒参照元: Google

分権経営がローソンに成功をもたらす

ローソンが独自の事業運営と成功体験を生み出したきっかけは?

分権経営

ローソンは、分権経営によって顧客ニーズに合わせた経営を行い、利益を徐々に上げ始め、独自のPontaカードを導入して質の高い顧客データを収集。

これにより、本社はどの店舗でも扱える商品の開発に注力できるようになり、成功体験で会社の空気を変えた。

詳しくみる ⇒参照元: Google

おにぎりの新商品開発で成功体験を狙う新浪剛史

新浪剛史は、おにぎりの新商品開発で成功体験を作ることにより何を狙ったのか?

ローソン全体の士気向上

新浪剛史は、おにぎりの新商品開発で成功体験を作れれば、ローソン全体の士気に繋がると考えていた。

新浪剛史は、おにぎりは差異化が図りにくい商品であり、コンビニ業界にはセブンイレブンという強豪がいるため、おにぎりで新商品を作ることに対して諦めの感情が商品部にはあると考えていた。

そのため、新浪剛史は、あえて開発素人である社員だけで開発チームを組み、「いくらコストをかけてもいいから最高の商品を考えろ」という目標を立てた。

素人は先入観や固定観念がなく自由な発想を持っていたため、時には商品部から見れば頭を抱えるような高級食材を使うこともあった。

詳しくみる ⇒参照元: Google

ローソンの再生を成し遂げた男

ローソンが再生するきっかけとなった人物は誰か?

新浪剛史

新浪剛史は、2002年に43歳という若さでローソンの社長に就任した。

当時、ローソンの業績は伸び悩んでおり、コンビニ業界大手のセブンイレブンという大きな相手に直面し、会社内には諦めの感情が漂っていた。

しかし、新浪剛史は奇策とも言えるコンビニ業界の常識に囚われない経営戦略を展開し、見事ローソンを立て直し、成長させた。

その新浪剛史がメディアに対して初めて語るローソン再生と挑戦の10年をまとめたのが『個を動かす 新浪剛史 ローソン作り直しの10年』という一冊である。

詳しくみる ⇒参照元: Google