Academic Box Logo

旧宮家の復活とは!!?皇族一覧や現在の状況を徹底解説

こんにちは、ライターのYUKINOです。旧宮家の復活について、皇族一覧や現在の状況を徹底解説します。

世襲親王家の成立

世襲親王家は、最終的に何本成立したか

4本

伏見宮系皇族は、室町時代に伏見宮家から後花園天皇が皇位を継承したことに始まる。

その後、江戸時代前期にかけて、皇位継承権者を更に確保する目的で、桂宮・有栖川宮・閑院宮の3宮家が立てられ、伏見宮家と合わせて4つの世襲親王家が成立。

これらの宮号の継承者は時々の天皇の名目上の養子(猶子)として親王に任ぜられ、実際に皇位を継承したものもいる。

詳しくみる ⇒参照元: 旧皇族

旧宮家の復活とは

旧宮家とはどのようなものか

皇室から離れた旧皇族のこと。復活すると皇位継承権が拡大する。

旧宮家は、天皇から離れた皇族のこと。

男系男子を継承していくことがルールで、跡継ぎがいない場合は断絶となる。

皇位継承権は男系男子のみが持つことが出来るため、旧宮家を復活させることで、皇位継承権が拡大する。

また、旧宮家の復活は、皇室の存続をより盤石なものにするという意見もある。

詳しくみる ⇒参照元: 旧宮家とは?復活の話が出ているのはなぜ?

現在の皇位継承順位

現在の皇位継承順位3位は?

常陸宮殿下

現時点で皇位継承権があるのは、秋篠宮皇嗣殿下、悠仁殿下、常陸宮殿下の3名のみ。

そのため、旧宮家を皇籍に復活させるというような話が出ている。

詳しくみる ⇒参照元: 旧宮家とは?復活の話が出ているのはなぜ?

皇室の男系男子継承の行方

旧宮家を復活させることで皇室はどうなる?

一般国民化が進み、皇室入りは現実的ではない。

旧宮家のうち、伏見宮家と朝香宮家は断絶が確実で、久邇宮家、賀陽宮家、竹田宮家、東久邇宮家には男系男子がいる。

しかし、旧宮家が皇籍を離れて70年以上経過しており、元皇族意識があるのは高齢者のみで、復活は難しい。

初代天皇である神武天皇が即位された紀元前660年から現在まで続く「男系男子」の天皇家が今後どうなっていくのかは見守るしかない。

詳しくみる ⇒参照元: 旧宮家とは?復活の話が出ているのはなぜ?