Academic Box Logo

医学部学士編入の難易度を徹底比較!目指す価値はあるのか?

ライターのMariaです。医学部学士編入の難易度について徹底比較した記事を作成しました。医学部学士編入を目指す価値があるのかについても考えてみます。

医学部学士編入の倍率の実態

医学部学士編入の倍率はなぜそれほど高くないのか?

複数の学校受験が可能だから

医学部学士編入の倍率は、1年間に複数校受験が可能だから、実質の倍率はそれほど高くない。

ほとんどの受験生は数校以上は受験するので、実際の倍率は数倍程度まで下がると考えられる。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部学士編入の難易度と倍率の実態

医学部編入試験は、意外といける?

医学部編入試験は、超難関なのでしょうか?

意外と、そうでもない

医学部編入試験の競争倍率は、非常に高い。

しかし、それは難易度の的確な表しではない。

医学部編入試験は、学士編入試験や一般編入試験に比べて、出題範囲が狭く、難易度は低い。

また、医学部編入試験は、社会人経験を積んだ人材を対象としているため、社会人としての経験が有利に働く。

そのため、医学部編入試験は、超難関ではなく、意外といける可能性がある。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部編入の難易度は?実は、狙いどころか?

医学部編入試験の主な試験科目

医学部編入試験の主な試験科目を教えてください

英語、生命科学、物理化学

医学部編入試験は、1次試験に筆記試験、2次試験に面接試験のパターンが主流で、筆記の試験科目は大学によって異なります。

医学部編入試験の主な試験科目は、英語、生命科学、物理化学の3パターンがあり、1次・2次どちらかで小論文試験を実施する大学も多くあります。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部の学士編入試験とは?難易度や実施大学を紹介

医学部学士編入試験の倍率を気にするな

医学部学士編入試験を受けようか考えているけれど、倍率が高くて不安です

倍率を過度に気にする必要はない。

医学部学士編入試験の倍率は、必ずしもその試験の難しさを表していない。

実際、医学部学士編入試験の倍率は高く見えるが、それは募集人数が少ないためである。

医学部学士編入試験の受験生のなかには社会人もたくさんおり、文系出身でも医学部に学士編入したというケースも少なくない。

医学部生は一般入試であっても再受験して入ってくる学生が多く、10代だけではなく30代以上の学生も多いため、一般生徒と差別されるようなことは基本ない。

詳しくみる ⇒参照元: 【医学部学士編入するためには?】知っておきたい勉強法や編入事...

国公立大学医学部の学士編入のメリット

国公立大学医学部の学士編入は、私立大学医学部に比べてどのようなメリットがあるか?

学費が安い

国公立大学医学部の学士編入は、私立大学医学部に比べて、学費が圧倒的に安く、リーズナブルである。

国公立大学医学部の6年間の学費・入学金は約400万円であるのに対し、私立大学医学部の6年間の学費・入学金は約2000万円~4000万円である。

これは、国公立大学医学部の学士編入が、社会人で医学部に再入学したい人にとって、最大の狙い目である理由の一つである。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部編入試験の難易度は高い?それでも受かると言い切れる理由

医学部学士編入試験のメリットとは?

学士編入の場合、教養課程の授業を受けなくて良いのはなぜですか?

学士の学位は教養課程を修了している証明だからです。

医学部学士編入試験のメリットは、教養課程を飛ばして入学できること、受験科目が少ないこと、専門的な勉強に専念できることの3つです。

教養課程を飛ばして入学できるのは、学士の学位は教養課程を修了している証明だからです。

受験科目が少ないのは、一般入試のように共通テストや2次試験で多くの科目を受験する必要がないからです。

専門的な勉強に専念できるのは、教養課程を飛ばして入学できることで、専門的な勉強に時間を割くことができるからです。

医学部学士編入試験は、一般入試に比べて難易度は高いですが、メリットも大きいです。

医学部編入試験を受けることを考えている人は、メリットとデメリットを比較検討して、自分に合った受験方法を選択しましょう。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部編入試験の難易度は高い?それでも受かると言い切れる理由

医学部学士編入試験で文系出身者でも受験しやすい大学

医学部学士編入試験で、文系出身者でも受験しやすい大学は?

富山大学、山口大学、琉球大学

医学部学士編入試験で、文系出身者でも受験しやすい大学は、富山大学、山口大学、琉球大学である。

国公立大学医学部では、これらの大学は比較的受験しやすい科目構成となっている。

ただし、文系出身者が受験しやすい大学は出願者数も多く、倍率が高めになる傾向がある。

また、医学部の学士編入試験は、国公立大学でも日程の決まりがなく、各大学が独自に決めているため、日程が被らなければ複数の大学の併願が可能である。

詳しくみる ⇒参照元: 医学部の学士編入試験とは?難易度や実施大学を紹介