Academic Box Logo

電子レンジでスクランブルエッグを爆発させずに作るためのヒントとコツ

ライターのYUKOです。電子レンジでスクランブルエッグを作るとき、爆発を防ぐヒントやコツを紹介します。

レンジ調理で安全な卵料理

生卵をレンジで調理する際の注意点とは?

穴を開けて、連続加熱を避ける。

レンジで生卵を加熱する際には、卵黄に穴を開けておくと爆発しにくくなります。

また、長時間連続して加熱すると卵白が爆発してしまうことがあるので、500W以上で1分以上加熱するのはおすすめしません。

レンジを活用すると、洗い物が少なく手軽に生卵が調理できて便利です。

温泉卵や半熟の目玉焼き、スクランブルエッグも簡単に作ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 温泉卵や目玉焼きも簡単!レンジで生卵を調理する方法と注意点

スクランブルエッグを電子レンジで作るコツ

スクランブルエッグを電子レンジで作るとき、最も重要なことは?

加熱のしすぎを防ぐこと

スクランブルエッグを電子レンジで作るときは、加熱のしすぎを防ぐことが最も大切です。

レンジのクセもあるので、たまご液の様子をチェックしながら、火を通しすぎないようにしましょう。

たまごにミルク、バターと塩コショウを準備すれば、ホテル仕立てのリッチなスクランブルエッグが作れます。

レンジ対応のボウルを使うことで、調理の楽しみが広がります。

詳しくみる ⇒参照元: 電子レンジでスクランブルエッグを作ろう!チーズ入りの簡単レシ...

電子レンジでスクランブルエッグを作る際に安全な方法

電子レンジでスクランブルエッグを安全に調理するにはどうしたら良いか?

溶き卵を使えば良い。

電子レンジでスクランブルエッグを調理する際は、溶き卵を使うことで、爆発しにくく安心して調理することができます。

また、加熱時間を調整することで、ふわとろの半熟スクランブルエッグや、そぼろ状のスクランブルエッグを作ることができます。

詳しくみる ⇒参照元: 温泉卵や目玉焼きも簡単!レンジで生卵を調理する方法と注意点

ふわとろたまごのスクランブルエッグの作り方

ふわとろたまごのスクランブルエッグを作るポイントを最も重要視すると、どうしたらいいですか?

2回に分けてレンジ加熱すること

レンジでスクランブルエッグを成功させるポイントは、2回に分けてレンジ加熱することです。

1回目ではバターを溶かしてたまご液をざっくり混ぜ、2回目では様子を見ながら1分前後加熱します。

電子レンジから取り出したたまご液は、余熱で徐々に火が入ってくるので、菜箸やフォークでざっくりスピーディにかき混ぜます。

ミルクを加えなくても、たまご、バター、塩コショウでもシンプルなスクランブルエッグを作ることができます。

ふわふわとろとろのスクランブルエッグがお好みなら、ミルクを加えましょう。

忙しい朝の時間帯でも、電子レンジを使えば、数分でおしゃれ本格的スクランブルエッグを食卓に出すことができます。

ミルクを加えずに作れば、食感がしっかりめのスクランブルエッグが作れますから、お弁当にも最適です。

詳しくみる ⇒参照元: 電子レンジでスクランブルエッグを作ろう!チーズ入りの簡単レシ...