Academic Box Logo

犬に噛まれた後の放置は危険!知恵袋の意見に惑わされないで病院へ

こんにちは、ライターのMariaです。今回は、犬に噛まれた後の放置は危険。知恵袋の意見に惑わされないで病院へ、についてお伝えします。

犬に噛まれた後の傷の放置は危険

犬に噛まれた後、傷口を放置することによって生じる、もっとも深刻な事態は何か?

破傷風発症

犬に噛まれた後の傷を放置すると、感染症、炎症、アレルギーなどの健康上のリスクが生じる。

中でも最も深刻な事態は破傷風発症である。

破傷風は、傷口から細菌が体内に侵入することで発症する。

神経系に影響を及ぼす非常に危険な病気であり、放置すると生命の危険もある。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれた時に病院 行かない【 知恵袋の意見】

犬猫に噛まれた時の感染症

ネコに噛まれて感染する確率が高い病気は?

パスツレラ症

犬や猫に噛まれると、パスツレラ症、バルトネラ症などの感染症にかかる可能性があります。

パスツレラ症は口腔内常在菌のひとつで、猫は70~90%、犬は20~50%保有しています。

バルトネラ症はネコノミの一種に寄生するバルトネラ菌という細菌によって引き起こされます。

どちらの病気も、噛まれたあとに感染し、数日から2週間ほどの潜伏期間があります。

症状としては、傷口と周辺に湿疹、発熱、痛み、腫れなどが見られます。

重症化すると、突然の痙攣発作や意識障害といった脳症を起こすこともあり危険です。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれたら?注意したい感染症や傷口への対処法、病院は何科...

犬に噛まれた時の対処法と飼い主の責任

愛犬が人を噛んでしまったとき、飼い主はどうするべき?

保健所に連絡し、検査を受ける。

犬に噛まれたときには、まず傷口の応急処置を行う。

その後、飼い主は保健所に連絡し、犬に狂犬病などの病気がないか検査を受ける。

野良犬に噛まれた場合は、噛まれた場所や時間、状況などを保健所に連絡する。

愛犬が人を噛んでしまった場合は、飼い主は刑法第209条の過失傷害罪に問われ、治療費を負担する義務がある。

噛まれた方と連絡先を交換し、責任を持って適切な対処をする必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれたら病院へ!応急処置や注意すべき感染症まとめ

犬に噛まれた時の怪我と感染症

犬に噛まれた時に考えられる怪我の種類と感染症の種類を教えて

内出血、裂傷、腫れ。破傷風、パスツレラ症、狂犬病。

犬に噛まれると、内出血、裂傷、腫れなどの怪我をする可能性があります。

また、破傷風、パスツレラ症、狂犬病などの感染症にかかる可能性もあります。

犬に噛まれたら、すぐに洗浄と消毒を行い、病院を受診しましょう。

他人の犬に噛まれた場合は、警察に被害届を出す必要があります。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれた時の処置がわかる!腫れる場合の処置と病院での治療

犬に噛まれたら注意したい病気

犬に噛まれた後、発症する可能性がある病気は?

破傷風と狂犬病

犬に噛まれた後、発症する可能性がある病気は破傷風と狂犬病です。

破傷風は、潜伏期間が数日で、症状としては口を開くことができなくなったり、筋肉のこわばりが出てきたり、麻痺症状が表れたりします。

狂犬病は、犬を飼うにあたって狂犬病の予防接種を受けることが義務となっているため、日本では発症する危険はほとんどありません。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれたらどうする?噛まれた後の危険について

犬が人間を噛む理由と対処法

犬が人間を噛む心理とは?

コミュニケーション手段

犬が人間を噛むのは、警戒、不安、寂しさなどの感情を表現するため、身を守るため、歯の生え変わりによる痒みを紛らわすためなど、さまざまな理由があります。

犬の心理を理解して寄り添い、適切な関係性を築くことが大切です。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれたらどうするべき?何科を受診する?応急処置やしつけ...

犬に噛まれたときの対処法

犬に噛まれた場合、傷口を消毒したあと、どうすればよいですか?

ふさがない

犬に噛まれた場合、傷口をきれいに洗ってから消毒する。

出血している場合は、傷口の上部に圧をかけて止血してから洗浄する。

傷口をふさいでしまうもの(液体ばんそうこうなど)は避ける。

これは、細菌が残ったまま傷口をふさいでしまうと中で増殖し、傷口が悪化することがあるため。

また、破傷風、狂犬病などにかかってしまう場合があるので、必ず病院に行く。

詳しくみる ⇒参照元: 犬に噛まれたら! 傷口の処置とトラブルの解決法