Academic Box Logo

オークの樹の下 外伝のあらすじを解説!!!物語の展開や登場人物を紹介

こんにちは、ライターのローラです。今日は、「オークの樹の下 外伝」のあらすじを解説します。この作品では、物語の展開や登場人物をご紹介しますので、ぜひご期待ください。

マクシミリアンを魔法塔に戻そうとしたリフタン

調査後にリフタンが何をしようとしていたのか

魔法塔に戻そうとした

オークの樹の下小説2部では、リフタンとマクシミリアンの関係が壊れてしまうところまで進んでしまいます。

マクシミリアンは、リフタンの態度に呆れてしまい、何度も喧嘩をしてしまいます。

しかし、調査期間中に一生懸命働くマクシミリアンを見ていたリフタンの気持ちに変化が生じてきました。

調査が終わった後もバルトの脅威で戦争が収まる気配がないため、リフタンはマクシミリアンを魔法塔に戻そうとしました。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下小説ネタバレ!結末と感想を詳しく紹介!|Eri...

マクシミリアンとリフタンの物語の結末

マクシミリアンとリフタンの物語の最終的な結末は?

二人は仲直りし、生涯一緒にいることを決意した

オークの樹の下小説の結末は、マクシミリアンとリフタンがお互いに必要な存在だと気付き、仲直りをして生涯一緒にいる道を選びました。

マクシミリアンは幸せになれ、読者からは良い作品だと好評を得ています。

韓国版と英語版でも読んでいる人がいるようです。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下小説ネタバレ!結末と感想を詳しく紹介!|Eri...

マクシーの容姿とカリプス卿の発言

マクシーは自分の容姿をどのように考えているのか?

普通より醜い

マクシーは自分の容姿を普通より醜いと考えており、カリプス卿の積極的な発言に翻弄されっぱなしです。

カリプス卿は、マクシーが醜いなら、夜のベッドでマクシーにあんなに夢中になるわけがないと大胆な発言をします。

マクシーは、カリプス卿の堂々とした発言に顔を赤らめてばかりでした。

マクシーには専用の白馬が与えられ、名前はレムと名付けられました。

次回も乗馬のシーンが続くようですが、マクシーは乗馬があまり得意ではない様子です。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

カリプス卿の好きなもの

カリプス卿が好きなものとは何でしょうか

馬と酒と美味しい食べ物

カリプス卿とマクシーは乗馬をしながら互いの「好きなもの」と「嫌いなもの」を教え合う。

カリプス卿が好きなものは、馬と酒と美味しい食べ物。

マクシーは動物好きであることを予め知っていたカリプス卿。

だからこそ自分専用の馬をあてがってくれたのかもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: 【第33話更新】『オークの樹の下』の全話あらすじ(ネタバレあ...

オークの樹の下:マクシミリアンとリフタンの政略結婚から始まる物語

リフタンはなぜ初夜の翌朝、マクシミリアンのそばにいなかったの?

討伐戦に行っていた。

吃音症で内気な公爵令嬢マクシミリアンは、貧しい下級騎士リフタンと政略結婚をすることになる。

初夜の翌朝、リフタンは討伐戦に出征し、マクシミリアンは一人残される。

3年後、リフタンは英雄となって帰還し、マクシミリアンは彼の不器用ながらも一途な愛や周囲の支えにより成長していく。

ある日、図書館で横たわる謎の男ルース卿に出会う。

ルース卿は、マクシミリアンの弱音を聞いていたことを指摘し、彼女を責める。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【41話】ネタバレ|ツバサlog

誤解から始まった愛の物語

主人公のマクシミリアンは、なぜ当初リフタンを誤解していたのでしょうか?

当初のイメージと異なっていたため

公爵令嬢のマクシミリアンは、吃音症で内気な性格から、当初はリフタンを無愛想で冷淡な人物と誤解していました。

しかし、一緒に過ごす時間が増えるにつれて、リフタンが不器用ながらも一途に自分を愛していることに気づき、自分の殻を脱ぎ捨てて成長していきます。

また、周囲の人々の支えも、マクシミリアンの成長に大きく貢献しています。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【31話】ネタバレ|ツバサlog

オークの樹の下:マクシミリアンの成長とリフタンの心境の変化

性格の悪かったリフタンが、どのような理由でマクシミリアンに惹かれていったのか?

彼女の成長と周囲の支え

吃音症で内気だったマクシミリアンは、リフタンとの政略結婚後、彼の不器用ながらも一途な愛と周囲の人々の支えを受け、徐々に劣等感を克服し成長しました。

その成長した姿にリフタンは惹かれていったのです。

また、マクシミリアンを支える人々もまた、リフタンの人柄を認めており、それがリフタンの評価をさらに高めたと考えられます。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【13話】ネタバレ|ツバサlog

政略結婚から始まる成長物語

政略結婚で結ばれたマクシミリアンとリフタンの関係に訪れた変化とは?

劣等感の殻を脱ぎ捨てる成長

吃音症で内気な公爵令嬢マクシミリアンと、貧しい生まれの下級騎士リフタンは政略結婚を強いられる。

初夜後、リフタンは姿を消すが、3年後、英雄として帰還。

マクシミリアンは、当初の印象とは異なるリフタンの愛情と周囲の支えによって成長を遂げる。

リフタンの不器用な愛、マクシミアの吃音症や内気さという障害、義父のアルコール依存症など、さまざまな困難を乗り越えて、2人の関係は深まっていく。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下 外伝【7話】ネタバレ|ツバサlog

マクシミリアンの成長を支えたもの

マクシミリアンが成長していくきっかけとなった要因は?

リフタンの愛と周囲の支え

「オークの樹の下」の主人公マクシミリアンは、吃音症と内気で劣等感に悩んでいた。

しかし、政略結婚した夫リフタンの不器用ながらも一途な愛や、周囲の人々の支えによって、マクシミリアンは徐々に成長していく。

リフタンの愛がマクシミリアンの殻を破り、周囲の支えがその成長を支えたのだ。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【17話】ネタバレ|ツバサlog

英雄の帰還

貧しい生まれながら、大陸中に名を馳せる英雄となった人物は誰ですか?

リフタン・カリプス

吃音症で内気な公爵令嬢マクシミリアンは、政略結婚により貧しい生まれの下級騎士リフタンと結婚する。

初夜はリフタンは姿を消すが、3年後、討伐戦に勝利して大陸中に名を馳せる英雄として帰還。

マクシミリアンはリフタンの不器用な愛や周囲の支えで劣等感を克服し、成長していく。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【33話】ネタバレ|ツバサlog

政略結婚から始まる英雄との恋物語

マクシミリアン・クロイソはなぜリフタン・カリプスと政略結婚したのか?

父親に強要されたから

マクシミリアン・クロイソは、吃音症で内気な性格から、父親に政略結婚を強要され、貧しい生まれの下級騎士リフタン・カリプスと結婚した。

当初は、リフタンが無愛想で冷淡な人物だと思い込んでいたマクシミリアンだったが、後に彼の不器用ながらも一途な愛情に気づき、徐々に成長していく。

また、周囲の人々の支えもあり、マクシミリアンは劣等感という殻を脱ぎ捨てていった。

リフタンは、生死をかけた討伐戦で勝利し、大陸中に名を馳せる英雄となった。

マクシミリアンとリフタンの関係は、最悪の出会いから始まり、やがて変化していった。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下【36話】ネタバレ|ツバサlog

一途な愛の結晶

リフタンがマクシミリアに恋をしたきっかけは?

オークの樹の下での出会い

マクシミリアとリフタンは長らくすれ違っていましたが、リフタンがマクシミリアへの想いを素直に伝え、和解しました。

そのきっかけは、リフタンが12歳の頃に出会ったマクシミリアへの一途な想いでした。

リフタンはドラゴンの討伐に成功し、マクシミリアと一緒にアナトールへ帰還。

2人は再び幸せな日々を過ごしています。

詳しくみる ⇒参照元: オークの樹の下の小説の結末ネタバレ!日本語で最終回までなろう...