Academic Box Logo

【ネタバレ注意】できるメイド様 78話の衝撃展開!まさかのあの人が◯◯◯◯とは?!

ライターのMariaです。衝撃的な展開が待っていますよ。

ヨハンとマリの会話

ヨハンがマリに頼んでいることは何?

西帝国への同行

ヨハンはマリに西帝国への同行を頼む。

しかし、マリは断る。

ヨハンは執着する男は魅力的ではないと言って、諦める。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【138話】ネタバレ|ちゃむlog

モリナ王女の正体

マリがモリナ王女であることを突き止めたのは誰?

ヨハネフ三世

ヨハネフ三世は西帝国の皇帝で、モリナ王女を探す計画を立てていた。

彼はラキという宰相を使って、マリがモリナ王女であることを突き止めた。

ヨハネフ三世はマリを誘拐しようとしたが、失敗した。

ラキはヨハネフ三世に、マリは計画にとって重要な人物だと告げた。

ヨハネフ三世はマリを「計画」の鍵と呼んだ。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【78話】ネタバレ

万能侍女の誕生

マリの願いは何だったか?

万能な人になること

冴えない侍女のマリは、ある日死んだ囚人を看病した際に、彼の最期の祈りで「万能な人になりたい」と願った。

すると、神秘的な夢を見るようになり、夢の中の人物の能力を得て、何でも完璧にこなせるようになった。

マリはクローヤン王国の元王女モリナで、ラエル皇太子、キエル親衛隊団長、オルン公爵らと関わっていく。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【106話】ネタバレ|ちゃむlog

メイドの自殺願望

主人公を自殺から思いとどまらせることはできるのでしょうか?

不明

漫画「できるメイド様」136話では、主人公のメイドであるキエルが自殺を考えている。

彼の理由は明らかになっておらず、読者は彼の計画を阻止する方法がないか疑問に思っている。

この漫画は連載中であり、キエルの運命はまだ明らかになっていない。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【135話】ネタバレ|ちゃむlog

皇太子の苦悩

皇太子が苦しんでいる原因は?

マリの決断が遅れていること

マリは皇太子の苦しみの原因であることを自覚し、祈りを捧げている。

彼女は伝染病の蔓延を止める方法を求めているが、まだ夢の中でその方法を見出していない。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【140話】ネタバレ|ちゃむlog

できるメイド様の魅力

主人公のマリが願ったことは?

万能な人になる

主人公のマリは冴えない侍女だったが、ある日、死んだ囚人の看病中に奇跡が起こり、万能な人になりたいと願う。

すると、夢の中で夢の中の人物の能力を得られるようになり、完璧な侍女として活躍し始める。

マリは、身分を隠してクローヤン王国の元王女モリナ・ド・ブランデン・ラ・クローヤンで、皇太子ラエルとは親友のオルン、皇室親衛隊団長のキエルハーン・ド・セイトンらに支えられながら、様々な困難を乗り越えていく。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【140話】ネタバレ|ちゃむlog

できるメイド様81話: キエルの女性エスコート

キエルが女性をエスコートして入場したのはなぜ?

初めてだったから

「できるメイド様」81話では、キエルが女性をエスコートしてパーティーに入場した。

ラエルは二人の姿を見てどんな気持ちになるのかが注目される。

キエルが女性をエスコートしたのは、これまで一度も女性をエスコートして入場したことがなかったため。

ラエルはキエルと女性の親密な関係を目撃し、複雑な感情を抱くことになるかもしれない。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【80話】ネタバレ

キエルとマリの湖での思い出

キエルがマリを連れて行った湖に一緒に行った友人達は誰ですか?

ラエルとオルン

キエルはマリと一緒に過ごせることに喜びを感じていた。

しかし、彼は幼い頃に友人たちと行った湖にマリを連れて行ったとき、どこか遠くを見つめる表情を浮かべていた。

その友人は、現在の皇太子ラエルとオルン公爵で、当時はまだラエルは皇太子ではなかった。

キエルは、マリとラエルの仲が深まっていることを察知しており、何かを思い悩んでいるようだった。

マリは、キエルがどこかへ行ってしまうような不安を感じていた。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ78話【ピッコマ漫画】マリを諦めきれ...

少女の正体の判明

賭博で彼はどのような方法で少女の正体に気づいたのでしょうか?

顔立ち

「できるメイド様」の122話では、主人公の少女が「マリ」であることが明らかになります。

彼は、少女の顔立ちが過去の知り合いである「マリ」に酷似していたため、少女の正体に気づきます。

また、少女の言動や行動からも、過去の「マリ」との共通点を見出しており、これらの総合的な判断から、少女が「マリ」本人であると確信します。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【121話】ネタバレ|ちゃむlog

ヒルデルンの「悪魔」の策

ヒルデルン卿の策が「悪魔」と呼ばれる理由は?

財産をヒルデルン卿の所有にできるから

ヨハネフ三世の策により、ヒルデルン卿はカタラク伯爵から取り戻したお金によって、4家の家主たちの財産をすべて所有することになる。

この策が「悪魔」と呼ばれるのは、家主たちの財産をヒルデルン卿の所有にできるため。

家主たちは、ヒルデルン卿の所有をどのように処理するのかが焦点となっている。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【129話】ネタバレ|ちゃむlog

万能な侍女の誕生

主人公のマリは、ある囚人からどんな願いを叶えてもらった?

万能な人になること

主人公のマリは、いつもいじめに遭っていたが、ある日瀕死の囚人を看病した際に「何でも願いを叶える」と告げられる。

マリは「万能な人になりたい」と願い、それ以来神秘的な夢を見るようになる。

その夢の中で、彼女は完璧な侍女、彫刻家、音楽家などさまざまな人物の能力を習得し、何でも完璧にこなせるようになる。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【98話】ネタバレ|ちゃむlog

できるメイド様 144話まとめ

マリは、何になりたいと祈ったか?

万能な人

「できるメイド様」の主人公マリは、ある日瀕死の囚人を看病していたところ、奇跡が起こった。

囚人はマリに「君の願いは何だい?

」と尋ね、マリは「万能な人になりたいです」と祈った。

すると、それ以来、マリは不思議な夢を見るようになり、夢の中でさまざまな能力を身につけていった。

そして、完璧な侍女として王宮で働き始めた。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【144話】ネタバレ|ちゃむlog

夢で万能能力を授かった侍女の物語

万能な存在になるためにマリが祈った相手は誰?

囚人

冴えない侍女のマリは、亡くなった囚人の看病中に「万能な人になりたい」と祈った。

すると、神秘的な夢の中で完璧な侍女、彫刻家、音楽家など様々な能力を得ることができ、万能な存在へと変貌を遂げる。

マリの正体はクローヤン王国の元王女で、身分を隠して侍女として働いていた。

皇太子ラエル、親衛隊長キエル、宰相オルンら個性豊かなキャラクターが物語を彩る。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【68話】ネタバレ

「できるメイド様」ネタバレ全話

ピッコマで配信中の「できるメイド様」の最新話はどれですか?

記載なし

「できるメイド様」はピッコマで配信されているドラマ系の漫画です。

残念ながら、この文章からは最新話がどれであるかはわかりません。

ピッコマで直接確認することをおすすめします。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様 ネタバレ全話|あらすじを最新話・最終回結末ま...

できるメイド様のあらすじ

主人公の特技は一つもなく、何か願いを言える機会に何を願ったのか?

万能な人になること

「できるメイド様」の主人公、マリは特技が一つもない冴えない侍女だったが、ある日、死んだ囚人の看病をしていた際に奇跡が起こり、万能な人になることを願った。

すると、夢の中で様々な能力を持つ人物の能力を手に入れ、完璧な侍女へと変貌を遂げていく。

詳しくみる ⇒参照元: できるメイド様【137話】ネタバレ|ちゃむlog