Academic Box Logo

沢田研二は佐藤健に似てるってホント!?ジュリーの魅力とは!?

沢田研二は佐藤健に似てるってホント!?ジュリーの魅力とは!?
📘 この記事で分かる事!

💡 沢田研二は、ザ・タイガースのボーカルとしてデビューしました。

💡 ソロデビュー後も、数々のヒット曲を世に送り出し、人気を博しました。

💡 沢田研二は、ファッションや音楽においても、常に時代の最先端を走っていました。

それでは、沢田研二の生涯について詳しく見ていきましょう。

デビュー前夜

それでは、ザ・タイガースのデビュー前夜についてお話します。

🔖 関連記事の要約!ご存知ですか? きょう2月5日はザ・タイガース「僕のマリー」でデビューの日
ご存知ですか? きょう2月5日はザ・タイガース「僕のマリー」でデビューの日

✅ ザ・タイガースが1967年2月5日にデビューシングル「僕のマリー」をリリースした。デビュー曲は、彼らが前年のエレキバンド・コンテストで獲得した賞金で作ったアイビールックの衣装を着て撮影されたジャケット写真で知られている。

✅ ザ・タイガースは、大阪のジャズ喫茶で活動していた5人組で、内田裕也の勧めにより渡辺プロダクションと契約し、上京した。バンド名は、フジテレビの音楽番組のプロデューサーであるすぎやまこういちによって、大阪から来たことから「阪神タイガース」にちなんで命名された。

✅ 「僕のマリー」はさほどヒットしなかったものの、ライブ活動やテレビ出演を通して人気が高まり、5月に発売された2枚目のシングル「シーサイド・バウンド」がヒットした。この頃、GS(グループ・サウンズ)という言葉が一般に定着し、ザ・タイガースを始めとするGSバンドが日本中でブームを巻き起こした。

さらに読む ⇒文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります文春オンライン | 世の中の「ほんとう」がわかります出典/画像元: https://bunshun.jp/articles/-/1207?page=1

ザ・タイガースのデビューは、まさにGSブームの始まりですね。

沢田研二は1948年、京都で生まれました。幼い頃からプロ野球選手に憧れ、中学時代は野球部のキャプテンを務めました。京都市立岡崎中学校卒業後、京都府立鴨沂高等学校に進学しましたが中退しました。高校時代は空手部に所属していましたが、バンドボーイのアルバイトをしていたところスカウトされ、17歳で「ファニーズ」にボーカリストとして加入しました。ファニーズは後に「ザ・タイガース」と改名し、「僕のマリー」や「シーサイド・バウンド」などのヒット曲で人気を博しました。

え、ジュリーって野球部やったん!?意外やわー。

そうそう、ジュリーは、若い頃からイケメンやったとよ!

あら、若い頃は、プロ野球選手を目指してたのね。

ソロデビューと人気絶頂期

続いては、沢田研二のソロデビューと人気絶頂期についてお話します。

🔖 関連記事の要約!沢田研二 / 時の過ぎゆくままに
沢田研二 / 時の過ぎゆくままに

✅ このアルバムは、沢田研二が2011年の東日本大震災を受けて制作した「東日本大震災」から満5年を経た今年の新譜です。

✅ このアルバムは、震災、脱原発、そして愛と平和をテーマにしており、震災の翌年2012年以来、毎年3月11日にリリースを継続しているシリーズの第5作目です。

✅ このアルバムには、震災をテーマにした楽曲だけでなく、沢田研二のこれまでのキャリアを代表する楽曲も収録されています。

さらに読む ⇒OTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviewsOTOTOY - Hi-res music store, news, reviews and interviews出典/画像元: https://ototoy.jp/_/default/p/751623

「時の過ぎゆくままに」は、本当に名曲ですよね。

1970年に「ザ・タイガース」が解散すると、沢田研二はソロ歌手としてデビュー。1973年発売の「危険なふたり」が初のオリコン1位を獲得しました。1974年には「追憶」が58万枚を売り上げ、再びオリコン1位を獲得。1975年8月発売の「時の過ぎゆくままに」は5週連続オリコン1位、累計売上92万枚で、沢田研二最大のヒット曲となりました。1977年5月発売された「勝手にしやがれ」も5週連続オリコン1位を獲得し、この年に29歳で第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞を受賞しました。1970年代後半には、オリコン1位を連発し、まさに人気絶頂期を迎えました。

ジュリーって、めっちゃ歌上手いよね!

「危険なふたり」とか、懐かしいなぁ。

あら、若い頃は、アイドルだったのね。

ビジュアル路線と人気の陰り

次は、沢田研二のビジュアル路線と人気の陰りについてお話します。

🔖 関連記事の要約!1974年3月21日、沢田研二「恋は邪魔もの」がリリース〜゛ロックスター・ジュリー゛の幕開けとなった名曲 – ニッポン放送 NEWS ONLINE
1974年3月21日、沢田研二「恋は邪魔もの」がリリース〜゛ロックスター・ジュリー゛の幕開けとなった名曲 – ニッポン放送 NEWS ONLINE

✅ 1974年は沢田研二にとって、井上尭之バンドとの本格的なコラボレーションが始まった画期的な年であり、シングル「恋は邪魔もの」は、バンドサウンドを前面に出した楽曲として、彼自身の音楽スタンスを大きく変えるきっかけとなりました。

✅ 沢田研二は、タイガース、PYGを経てソロデビューを果たすも、常にバンドへの強い憧憬を抱いており、加瀬邦彦プロデューサーは、スタジオミュージシャンではなく、生のバンド演奏による新たなロックスターを目指し、井上尭之バンドとの融合を実現させました。

✅ この年は、沢田研二がロック色の強い楽曲を引っさげ、日本人初の全国縦断ロックツアーを敢行した年でもあり、ツアーは、当時のロックバンド勢揃いの伝説的なロックフェス「ワンステップ・フェスティバル」への飛び入り参加など、多くの記憶に残るイベントで彩られました。

さらに読む ⇒ニッポン放送 NEWS ONLINEニッポン放送 NEWS ONLINE出典/画像元: https://news.1242.com/article/170976

井上堯之バンドとのコラボレーションは、沢田研二の音楽性に大きな影響を与えたんですね。

1973年「危険なふたり」の頃から、沢田研二の衣装はデザイナーの早川タケジ氏が手がけるようになります。早川氏の奇抜なデザインは話題を呼び、沢田研二のビジュアル路線を確立していきます。しかし、こうしたビジュアル路線は一部関係者の反発を招き、バックバンドの井上堯之バンドは解散。1980年代半ばには、沢田研二の人気にも陰りが見え始めました。

え、ジュリーって、バンドやってたん!?知らんかった。

ジュリーの衣装は、いつも派手だったよね。

あら、人気は、いつまでも続くものじゃないのね。

時代を超越した魅力

そして、沢田研二と佐藤健の類似点について検証していきます。

🔖 関連記事の要約!画像比較】沢田研二の若い頃が佐藤健に似ている!イケメン画像で検証

公開日:2024/03/02

画像比較】沢田研二の若い頃が佐藤健に似ている!イケメン画像で検証

✅ この記事は、沢田研二の若い頃が佐藤健に似ているという話題について検証したものです。

✅ 沢田研二の若い頃の画像と佐藤健の画像を比較し、目、鼻、唇など顔のパーツが似ていること、そして気だるい雰囲気が似ていることを指摘しています。

✅ 記事では、複数の画像比較を通じて、二人の顔の類似点を詳細に分析しており、特に横顔と正面からの画像がそっくりであると結論付けています。

さらに読む ⇒応援ナースでプチ移住 | 〜フリーランス看護師のすすめ〜応援ナースでプチ移住 | 〜フリーランス看護師のすすめ〜出典/画像元: https://ijyukangosi-ouennyanko.com/sawadakenjihiltuto1978nen/

確かに、若い頃の沢田研二は、佐藤健に似てますね。

沢田研二は若い頃からイケメンで、特に全盛期は佐藤健にそっくりだったと言われています。若い頃のエキゾチックでハーフのような顔立ちは、現在の丸刈りの姿からは想像できません。現在も精力的に活動しており、75歳とは思えないほど若々しい。映画やライブで活躍を続けており、その時代を超越した魅力でファンを魅了し続けています。

え、マジ!?佐藤健とジュリーって似てるん!?

うん、確かに似てるっちゃ似てるね。

あら、若い頃は、イケメンだったのね。

全盛期の斬新な衣装

沢田研二の全盛期の衣装は、斬新で話題を呼びました。

🔖 関連記事の要約!凄すぎた「ジュリー」衣装とプロ根性! パラシュートを背負って歌った沢田研二の唯一無二の妖艶
凄すぎた「ジュリー」衣装とプロ根性! パラシュートを背負って歌った沢田研二の唯一無二の妖艶

✅ 沢田研二のステージ衣装は、常に革新的で、ジュリーの強いプロ根性を感じさせるものでした。

✅ 1979年の「ジュリーはアンドロイド」では、落下傘を背負った衝撃的な衣装が登場し、1980年の「TOKIO」では最先端のレーザー光線技術が使用されました。

✅ 1980年の「恋のバッド・チューニング」のポスターは、早川タケジのデザインによるもので、長沢節から高く評価されました。

さらに読む ⇒書評まとめ読み!本の総合情報サイト | Book Bang -ブックバン-書評まとめ読み!本の総合情報サイト | Book Bang -ブックバン-出典/画像元: https://www.bookbang.jp/review/article/743665/2

沢田研二の衣装は、本当に個性的で、見ていて飽きないですね。

1970~80年代の沢田研二の全盛期の衣装は、大胆かつセクシーで、巨大なパラシュートを背負ったり、ジーンズのジッパーを下げたりと斬新でした。アートディレクターの早川タケジ氏とのコラボレーションで、カウンターカルチャーの影響を受けた衣装が制作されました。「勝手にしやがれ」では、マレーネ・ディートリヒの男装の麗人スタイルをオマージュした衣装、「サムライ」では、軍服をイメージした危険な香りのする衣装、「カサブランカ・ダンディ」では、ウエストにウイスキーを差した不完全な状態の衣装、「TOKIO」では、巨大なパラシュートと電飾で彩られた衣装など、数々の伝説的な衣装が誕生しました。

ジュリーの衣装、めっちゃイカしてる!

ジュリーの衣装は、いつも斬新で、話題になってたよね。

あら、若い頃は、おしゃれだったのね。

以上、沢田研二の生涯についてご紹介しました。

🚩 結論!

💡 沢田研二は、ザ・タイガースのボーカルとしてデビューし、ソロ歌手としても活躍しました。

💡 沢田研二は、ファッションや音楽において、常に時代の最先端を走っていました。

💡 沢田研二は、現在も精力的に活動しており、その魅力は時代を超越しています。