Academic Box Logo

ハリウッドの象徴:MGMのレオ・ザ・ライオン、その歴史と噂

MGMの象徴であるレオ・ザ・ライオンについて深掘りしていきましょう!

レオ

レオ・ザ・ライオンの由来

レオ

レオ・ザ・ライオンの由来は?

MGMのオープニングロゴから

レオ・ザ・ライオンは、ハリウッドの映画会社MGMが使用しているオープニングロゴの愛称であり、その前身であるゴールドウィン・ピクチャーズが使用していたロゴの愛称でもある

このロゴは、フィルムで象られたアーチの中にライオンが位置するというものであり、1916年のゴールドウィン・ピクチャーズ時代から大まかなデザインはほとんど変わっていない。

ライオンを囲むリボンには「芸術のための芸術」のラテン語表記「Ars Gratia Artis」の文字が入っている。

後述の社章も同様である。

➡️ 続きを読むレオ・ザ・ライオンWikipediaWikipedia出典/画像元: https://ja.wikipedia.org/wiki/レオ・ザ・ライオン

映画の歴史そのものを映し出したような、なかなか興味深い内容でした。

歴史

レオの咆哮の歴史

レオの咆哮は、UAを吸収合併する前は6代目と同じだった。

また、6代目の咆哮はカラー版とモノクロ版で異なっており、1956年に実写映画で使用されなくなった後も、アニメーション映画では1958年まで使用された。

さらに、咆哮は、ロゴが変更された後も、1981年にMGMがUAを吸収合併するまで使われ続けた。

➡️ 続きを読むレオ・ザ・ライオンWikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/レオ・ザ・ライオン

ちなみに、みなさんのお気に入りのレオはどの代でしょうか?

MGMスタジオ

MGMスタジオの所在地

MGMはフレッド・クインビーの率いるスタジオで、1940年代から50年代にかけ、ハーマン=アイシング、テックス・アヴェリーらにより多くの傑作を生み出した。

中でもウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが生み出した『トムとジェリー』は、7度もアカデミー賞を授賞するなど、同社のマスコット的存在となった。

第二次世界大戦時には、メイヤーの主導でイギリス人女優のグリア・ガーソンなどが主演した戦時プロパガンダ的な作品を多数製作した。

戦後、MGMはレコード事業に参入し、ハンク・ウィリアムスやコニー・フランシス、ハーマンズ・ハーミッツなどのスターを生み出したが、ロックンロール全盛の波に乗れず売却された。

その後、MGMは衰退し、1959年には親会社から外れ、1973年には配給部門を整理してUAが配給権を掌握した。

しかし、UAは『天国の門』の大失敗で経営破綻し、1981年にMGMが逆にこれを吸収して「MGM/UA」になった。

MGMはかつてロサンゼルスのカルヴァーシティーに巨大なスタジオを所有していたが、1970年にスタジオの敷地を一部売却し、売却された土地は高級住宅地に生まれ変わった。

➡️ 続きを読むメトロ・ゴールドウィン・メイヤーWikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

ハリウッドの歴史を語る上で欠かせないMGM、その栄枯盛衰が垣間見えたような気がします。

mgm ライオン

MGMライオンの噂の真相

MGMライオンに関する噂が流れていますが、その真実は不明です。

関係者から公式な発表がなく、情報が闇に葬られているか、まだ公開されていない可能性があります。

今後の情報に注目しましょう。

➡️ 続きを読む検索結果 「mgm ライオン」GoogleGoogle出典: https://www.google.com/search?q=mgm ライオン

MGMライオンにまつわる噂、気になるものばかりですね。

経営権

MGMの経営権移動

MGMは1986年、テッド・ターナー率いる「ターナー・ブロードキャスティング・システム(TBS)」に買収され、MGM(1986年5月23日以前の旧作)・ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ(1950年1月1日以前の旧作)・RKO・アソシエイテッド・アーティスツ・プロダクション(英語版)(a.a.p.)製作の旧作の版権の大部分(『オズの魔法使』『風と共に去りぬ』・『トムとジェリー』・『ビクター/ビクトリア』など)がターナー・エンターテインメント(英語版)に移され、版権が残されたのはUA製作の作品(『お熱いのがお好き』『噂の二人』『ロッキー』など)および少数のMGM作品(『野郎どもと女たち』『昼下りの情事』『007 美しき獲物たち』など)となった。

しかし、ターナーの取引銀行はMGMの巨額の負債を理由にこの買収を支持しなかったため、実質UAの後継会社となった「MGM/UA」を買収から74日後にオーナーで大投資家のカーク・カーコリアンに再度売却した。

➡️ 続きを読むメトロ・ゴールドウィン・メイヤーWikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

レオ・ザ・ライオンがこれからも輝き続けることを願って。

MGM

MGMの名前の由来

MGMの名前は、メトロ、ゴールドウィン、メイヤーの頭文字を取ったものです

親会社は当時最大の劇場チェーン「ロウズ」社で、製作は豪華主義で、設立当時から業界トップの地位を約束されました。

また、「ボーイ・ワンダー(神童)」と謳われたアーヴィング・タルバーグの存在が同社を潤わせました。

彼は心臓疾患を持ちながら24時間編集室を出ないという働きぶりで、総帥ルイス・B・メイヤーと組んで初期作品を一手に手がけました。

MGMはミュージカル映画全盛期の1950年代半ばまで隆盛を極めました。

➡️ 続きを読むメトロ・ゴールドウィン・メイヤーWikipediaWikipedia出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

経営者の手腕も会社の隆盛衰退に大きな影響を与えるのですね。

MGMの華やかな歴史と偉大なる功績に改めて感銘を受けました。