Academic Box Logo

笠置シヅ子と淡谷のり子、戦時中のパフォーマンスとブギウギの女王同士の深い関係

ライターのYUKOです。今回は、笠置シヅ子さんと淡谷のり子さんの戦時中のパフォーマンスと、ブギウギの女王同士の深い関係についてお話します。

茨田りつ子のモデルは誰?

朝ドラ「ブギウギ」に登場する歌手「茨田りつ子」の実在モデルは誰?

淡谷のり子

朝ドラ「ブギウギ」に登場する歌手「茨田りつ子」の実在モデルは淡谷のり子である。

彼女は青森県出身の歌手で、ブルースの女王と呼ばれ、戦前から戦後にかけて活躍した。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子と淡谷のり子の関係は?仲良し? ブギウギ茨田りつ子...

絵のモデルで生活費を稼いでいた淡谷のり子

プロの歌手を目指していた淡谷のり子は、音楽学校を休学したとき、どのように生活費を稼いでいたでしょうか?

絵のモデル

淡谷のり子は、プロの歌手を目指して東洋音楽学校(現:東京音楽大学)に進学しましたが、家が貧しくなって休学することになってしまいます。

休学中は絵のモデルをして生活費を稼いでいました。

復学後は久保田稲子さんの指導で高音域(ファルセット)が出せるようになり、声楽科をトップで卒業しました。

新人演奏会で歌を披露した淡谷のり子さんは、「10年に1人の逸材だ」と、ソプラノ歌手として絶賛されていたんですよ。

詳しくみる ⇒参照元: 茨田りつ子のモデルは淡谷のり子!笠置シズ子との関係性について...

淡谷のり子のライバルたち

ブルースの女王と呼ばれていた淡谷のり子のライバルとして、笠置シズ子さんの他にどんな人がいた?

美空ひばりさん

ブルースの女王と呼ばれた淡谷のり子さんは、昭和に活躍した歌手です。

淡谷のり子さんは、好き嫌いが激しく、はっきりとした物言いで人気を集めていました。

淡谷のり子さんのライバルとして知られている笠置シズ子さんは、笠置シヅ子さんの代表曲「東京ブギウギ」を歌ったことで有名です。

淡谷のり子さんと笠置シズ子さんは、互いにライバル意識を持っていたとされ、その関係性は「ブギウギ」というドラマの中で描かれています。

詳しくみる ⇒参照元: 茨田りつ子のモデルは淡谷のり子!笠置シズ子との関係性について...

笠置シヅ子と淡谷のり子の関係

笠置シヅ子さんは淡谷のり子さんに憧れていたか?

はい

笠置シヅ子さんは、淡谷のり子さんに憧れていたが、淡谷のり子さんは笠置シヅ子さんのことを好ましくは思っていなかった。

笠置シヅ子さんは、淡谷のり子さんをライバル視していなかったと思われる。

詳しくみる ⇒参照元: 笠置シヅ子と淡谷のり子との関係は、仲良しだった?「わろてんか...

淡谷のり子:若き日の異名

昭和モダンの歌姫、淡谷のり子さんは、若い頃はどのように呼ばれていたのでしょうか?

赤ん坊先生

淡谷のり子さんは、青森県青森市出身の歌手で、1907年8月12日に生まれ、1999年9月22日に92歳で亡くなりました。

東洋音楽学校(現東京音楽大学)声楽科を首席で卒業し、1930年に「久慈浜音頭」で歌手デビューしました。

淡谷のり子さんは、1935年に「ドンニャ・マリキータ」、1937年に「別れのブルース」、1938年に「雨のブルース」など、数々のヒット曲を飛ばしました。

また、バラエティや各テレビ番組の審査員としても活躍し、辛口コメントをズバズバ言うことで人気を博しました。

淡谷のり子さんは、若い頃からその才能を発揮し、歌手として様々なヒットを飛ばしましたが、実家が落ちぶれて苦労したこともあります。

詳しくみる ⇒参照元: 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係、娘や若い頃の苦労と最後まで歌手...

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係

淡谷のり子と笠置シヅ子の関係はどのようなものだったのか

ライバルで友人

淡谷のり子と笠置シヅ子は、昭和時代に活躍した歌手で、ライバル関係だったと言われている。

淡谷のり子は、笠置シヅ子の歌を厳しく批判することもあったが、同じ時代に活躍した歌手同士なので、お互いのことをわかり合っている関係でもあった。

晩年まで2人の交友は続き、良き友人関係だったと言われている。

詳しくみる ⇒参照元: 茨田りつ子のモデルは淡谷のり子!笠置シズ子との関係性について...

歌に泣いてくれる人

淡谷のり子にとって歌に泣いてくれる人はどんな人だったか?

少なくても良いから

淡谷のり子は、戦中戦後、どんなにへんぴな地の掛小屋でも、そこに舞台があればためらいなく向かった。

たとえ客席が200席未満の小さなハコであっても、自分の歌に泣いてくれる人がいたら歌う。

淡谷晩年の真骨頂といえる。

詳しくみる ⇒参照元: 朝ドラ「ブギウギ」モデルの笠置シヅ子と淡谷のり子の交差と相違...

淡谷のり子と笠木シヅ子の活躍時期の違い

淡谷のり子さんと笠木シヅ子さんの活躍時期はどのような違いがあるのか?

戦前、戦後

淡谷のり子さんと笠木シヅ子さんは、共に服部良一さんの歌を歌う「先輩後輩」と言える関係であり、「ブルースの女王」淡谷のり子、「ブギの女王」笠木シヅ子と並び称されます。

しかし、2人の活躍時期には大きな違いがあります。

淡谷のり子さんは1937年に「別れのブルース」が大ヒットし、「ブルースの女王」として名を馳せましたが、笠木シヅ子さんは1947年に「東京ブギウギ」を発表するまで、戦前は人気を誇る歌手でありながら、その華やかさから戦中は忌避されて苦労されたそうです。

2人の活躍時期は、戦前と戦後で大きく異なっています。

詳しくみる ⇒参照元: 淡谷のり子と笠置シヅ子の関係とは?ブルースとブギの女王の仲を...