Academic Box Logo

宝塚歌劇団の暗部を暴く!!!?イジメ疑惑を解き明かす文春の衝撃レポート

ライターのYUKOです。今回は、宝塚歌劇団の暗部を暴く、文春の衝撃レポートを紹介します。

宝塚歌劇団の権力構造と新人俳優への影響

宝塚歌劇団の組織体質に関連して、今どのような問題が指摘されている?

上下関係と権力構造

宝塚歌劇団では、組長やトップ俳優が大きな権力を持っており、逆らうことができない存在である。

その結果、集団リンチのような厳しい叱責が行われ、新人公演のリーダーなど板挟みになった新人俳優が精神的に追い詰められる事例が発生している。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団の不和と権力闘争

宝塚歌劇団の不祥事が立て続けに発覚する中で、劇団内部では何が起こっているのか?

不和や権力闘争

近年、宝塚歌劇団では不祥事が立て続けに発覚しています。

演出家によるハラスメント行為やトップスターによるイジメなど、劇団員の不和や権力闘争が原因と考えられます。

宝塚歌劇団は、女性のみで構成される劇団であり、厳しい上下関係が存在します。

そのため、不和や権力闘争が表面化しやすい環境にあるのかもしれません。

また、宝塚歌劇団は、芸能界の貴重な人材育成機関としての顔も持っています。

そのため、トップスターや演出家などの指導者は、大きな権限を持っています。

その権限が、不和や権力闘争の原因となっている可能性もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団ブランド失墜、トップスターが凄惨イジメ、文春報道…...

宙組トップスターと組子たちの関係

宙組のトップスターと組子たちの関係は?

緊張感が強い。

宙組のトップスターは王様のように振る舞い、組子たちから恐れられている。

しかし、トップスターは舞台上でも普段でも王様扱いされ、緊張感があるのはどの組でも同じである。

宝塚全体で400人、一つの組に80人の女の子がいるので、妬みやそりが合う合わないといったことは当然ながら生じる。

しかし、ファンにとっては、そういう雑音はどうでもよく、宝塚は舞台からエネルギーと感動を与えてくれる超越した存在なのだ。

今回の報道がきっかけで宙組全体の絆が深まったので、逆によかったとすら感じる人もいる。

詳しくみる ⇒参照元: 揺らぐ宝塚歌劇団、イジメ報道の真風涼帆が涙で語った釈明…内部...

宝塚歌劇団の不祥事の原因

宝塚歌劇団でイジメやハラスメントが起こる原因は?

閉鎖的な空間と所属していることのブランド価値

宝塚歌劇団のような閉鎖的な空間では、不祥事が起きやすい傾向があります。

また、所属していることのブランド価値があるため、声を上げにくいという問題もあります。

さらに、宝塚は「女の園」であるため、嫉妬が渦巻きやすいという特徴もあります。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団ブランド失墜、トップスターが凄惨イジメ、文春報道…...

有愛きいさんの死を隠して公演を続行した宝塚歌劇団

組子は公演前、有愛さんの死を知っていたのか?

知らなかった。

宝塚歌劇団は、有愛きいさんの亡くなった当日、劇団員に「命に別条はありませんでした」と伝え、公演を続行させた。

組子は、有愛さんが亡くなったことを知らず、行方不明だと聞いて心配していた。

このことは、宝塚歌劇団が組子の命を軽視している証拠である。

宝塚歌劇団は、今回の問題を真摯に受け止め、二度とこのようなことがないように対策を講じる必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚宙組いじめが生き地獄「隠ぺい劇団は主犯のミカタ」文春砲

宝塚歌劇団の調査報告書は信頼できるのか

今回の調査報告書に、宝塚歌劇団で起きた事故の真実が明らかになったか

明らかになっていない

宝塚歌劇団で起きた事故の調査報告書には、目撃者や被害者の証言、遺族の資料などが反映されていない。

調査報告書は宝塚歌劇団経営者の指示により、意図的に隠ぺいされた可能性がある。

記者会見では、報告書を読みあげるだけで、誠意ある対応は見られなかった。

この調査報告書では、宝塚歌劇団の信頼回復は難しいだろう。

詳しくみる ⇒参照元: 内部告発が止まらない宝塚歌劇団 傷口を広げたのは血も涙もない...

宝塚歌劇団の内部状況

宝塚の歌劇団にはどのような内部状況が考えられるか?

内部関係者による不満からのリーク

宝塚の歌劇団は、真風涼帆と星風まどかの確執が報道されたが、これは内部関係者からの不満による情報リークの可能性がある。

また、歌劇団の体制に不満を持つ人が少なからずおり、今後もスキャンダルの告発が続くとみられている。

詳しくみる ⇒参照元: 揺らぐ宝塚歌劇団、イジメ報道の真風涼帆が涙で語った釈明…内部...

トップスターの陰湿イジメで揺れる宝塚歌劇団

「週刊文春」が原田諒氏に続いてトップスターのハラスメント行為を報じたが、その内容は?

宙組トップスターが宙組トップ娘役に侮蔑的発言をした。

宝塚歌劇団は、今月に入って花組、星組、宙組の公演が中止されるなど混乱に見舞われている。

さらに、「週刊文春」が演出家・原田諒氏がハラスメント行為を行っていたと報じたことで、原田氏は退団。

そして今月も「文春」によって、宙組トップスター・真風涼帆が、宙組トップ娘役だった星風まどかに侮蔑的な言葉を浴びせるなど陰湿なイジメを行っていたと報じられた。

宝塚歌劇団は創立100周年を迎えた名門だが、この一連の報道は大きな衝撃を与えている。

詳しくみる ⇒参照元: 揺らぐ宝塚歌劇団、イジメ報道の真風涼帆が涙で語った釈明…内部...

宝塚歌劇団の杜撰なカウンセリング体制と隠蔽計画

宝塚歌劇団の隠蔽計画の詳細は?

休演者扱いにし、千秋楽で退団させる計画だった。

11月から実施される新たなカウンセリング体制は月曜1時間、水曜と金曜3時間のみで、数百人が在籍する劇団で1週間に7時間しか時間が設けられていない。

また、宝塚宙組のグループLINEに有愛きいさんの自殺の原因が「心の病」だと書かれたメッセージが投稿された。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚いじめ第5弾「劇団に不信感のトップスター退団か」文春

宝塚歌劇団でパワハラいじめ問題が発覚

宝塚歌劇団内でのいじめ問題はどのように発覚したのか?

文春砲で内部告発された。

宝塚歌劇団の雪組でパワハラやいじめ問題が発覚し、トップスターの彩風咲奈さんが劇団に直訴する事態に発展。

宝塚歌劇団は当初、外部からの問い合わせを「事実無根」と回答していたが、文春砲の報道で内部告発され、劇団内の実態が明らかになった。

劇団は10月20日に雪組公演の一部日程を中止し、生徒全員へのケアを含めた誠意ある対応を約束したが、依然としてファンやタカラジェンヌからの不信感は根強く残っている。

宝塚歌劇団は、この問題を解決し、信頼回復を図る必要がある。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚いじめ第5弾「劇団に不信感のトップスター退団か」文春

宙組のパワハラ問題

宙組はなぜ居心地が悪い組とされているのか?

上級生のパワハラ

宙組では、上級生によるパワハラが横行している。

体調不良の下級生に「劇団にも外部にも絶対言うな。

劇団の診療所ではなく各自で病院を探して行け」と発言したり、専科の悠真倫さんにコロナの感染を気付かれないため、『上級生の前で咳禁止』というルールを敷いたりしている。

また、芹香斗亜さんは有愛きいさんの死後、毎日のお稽古で「頑張ろうね!

」と下級生を鼓舞しているとされていましたが、一方で友人に「こんなことで公演を止めるなんておかしい。

なんで私が下級生から嫌われてるのか分からへん」と漏らしていたのだそう。

このような上級生の言動が、宙組を居心地の悪い組にしている。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚いじめ第5弾「劇団に不信感のトップスター退団か」文春

トップスターとトップ娘役の関係性

宝塚歌劇団におけるトップスターとトップ娘役の関係性はどういったものですか?

様々である。

宝塚歌劇団のトップスターとトップ娘役の関係性は、コンビによってまちまちである。

トップスターは相手役のトップ娘役の指導係の役割も担うため、基本的には明確な上下関係が存在するが、大地真央と黒木瞳のように熱い師弟愛で結ばれているケースや、特に最近では友だち関係に近かいケース、逆に真風と星風のように険悪なケースもある。

詳しくみる ⇒参照元: 宝塚歌劇団ブランド失墜、トップスターが凄惨イジメ、文春報道…...