Academic Box Logo

「剣の王国」最終回、本当にひどい出来だったの?読者からの酷評が止まらないってマジ!?

「剣の王国」最終回、本当にひどい出来だったの?読者からの酷評が止まらないってマジ!?
📘 この記事で分かる事!

💡 「剣の王国」の最終回は、SNS投票で決定された展開が多くの読者の期待を裏切り、有料公開にもかかわらず落丁による未完成品状態であったために、酷評されています。

💡 「はめつのおうこく」キャラクター人気投票では、アドニスが1位を獲得しました。また、月刊コミックガーデン6月号には、人気投票1位キャラクターの描き下ろしイラストが掲載されます。

💡 ブラウザゲーム「ブレイブリーミュージアム」には、イースターに関連する要素が数多く隠されており、特に「アンドロココ」というキャラクターに関連しています。

それでは、この記事では、「剣の王国」の最終回と、「はめつのおうこく」キャラクター人気投票の結果、さらにブラウザゲーム「ブレイブリーミュージアム」のイースター関連要素などについてご紹介します。

「剣の王国」最終回、低評価の理由

「剣の王国」の最終回は、バッドエンドであることが別の作品である「はめつのおうこく」で唐突に示唆され、連載誌の変更に伴い、それまでのエピソードが丸ごとカットされました。また、最終回の展開がSNS投票で決定されたことや、多くのキャラクターが雑に扱われあっさり退場させられたことも批判を強めています。

🔖 関連記事の要約!剣の王国」の最終回がひどい!?炎上を招いた問題の終わり方を解説
剣の王国」の最終回がひどい!?炎上を招いた問題の終わり方を解説

✅ 「剣の王国」の最終回は、バッドエンドであることが別の作品である「はめつのおうこく」で唐突に示唆されたことで酷評された。また、連載誌の変更に伴い、それまでのエピソードが丸ごとカットされたことも読者の不満を募らせた。

✅ さらに、最終回の展開がSNS投票で決定されたことや、多くのキャラクターが雑に扱われあっさり退場させられたことも批判を強めた。特に、それまで重要な役割を果たしていたキャラクターの唐突な退場や活躍の場のなさには多くの読者が失望した。

✅ 有料公開にも関わらず落丁が発覚するなど、最終回は未完成品状態であった。このため、お金を払って最終回を読んだ読者からは非難の声が上がった。

さらに読む ⇒ひどい世界の住人よ | 世の中の「ひどい」を集めるひどい世界の住人よ | 世の中の「ひどい」を集める出典/画像元: https://animanlog.com/sword-last

バッドエンドを別の作品で唐突に示唆したり、掲載媒体変更後にエピソードを丸ごとカットしたりしたのは確かに行き過ぎだと思います。最終回の展開をSNS投票で決定したことや、多くのキャラクターが雑に扱われたことも批判されても仕方がないでしょう。

「剣の王国」の最終回は、以下の理由により酷評された。1.バッドエンドを別の作品で唐突に示唆、2.掲載媒体変更後にエピソードを丸ごとカット、3.最終回の展開をSNS投票で決定。これらの要因が重なり、読者からは「ひどい」「打ち切り」といった批判が集中した。

ほんま、酷すぎやねん!バッドエンドとか、SNS投票で決めてどないすんねん!金払って読んだのに、落丁とかありえへんわー!ほんま、打ち切りやな。

ほんまにひどいよなぁ。俺もお金払って読んだけど、ガッカリだよ。でも、打ち切りって言うのは言い過ぎじゃないかな?

あら、あら、大変なことになってるじゃないの。SNS投票で最終回が決まるなんて、前代未聞だわね。落丁なんて、お金返してって言いたくなるわ。

最終回の展開と読者の反応

「はめつのおうこく」キャラクター人気投票では、アドニスが1位を獲得しました。また、月刊コミックガーデン6月号には、人気投票1位キャラクターの描き下ろしイラストが掲載されます。

🔖 関連記事の要約!結果発表】『はめつのおうこく』『剣の王国』キャラクター総選挙【yoruhashiの世界3】
結果発表】『はめつのおうこく』『剣の王国』キャラクター総選挙【yoruhashiの世界3】

✅ 「はめつのおうこく」キャラクター人気投票の結果を発表!1位はアドニス(567pt)、2位はドロカ(353pt)と接戦を制し、3位はクロエ・モルガン(172pt)となりました。

✅ 月刊コミックガーデン6月号(5月1日発売予定)にて、人気投票1位を獲得した「はめつのおうこく」のアドニスと「剣の王国」のアルフレドの描き下ろしイラストがセンターカラーで掲載されます。

✅ 不朽の名作「剣の王国」がMAGCOMIにてついに完結!最終話のネームを一部先行公開しました。続報をお待ちください。

さらに読む ⇒MAGCOMIMAGCOMI出典/画像元: https://magcomi.com/article/entry/special/hametsu04-result

「はめつのおうこく」の人気投票の結果、1位に輝いたアドニスは、強くて頼れるキャラクターですよね。そんなアドニスの描き下ろしイラストが掲載される月刊コミックガーデン6月号が楽しみです。

SNS投票で決定された最終回の展開は、多くの読者の期待を裏切った。また、有料公開にもかかわらず落丁による未完成品状態であったことも批判をさらに強めた。

アドニスって、強くてカッコええねん!1位になって当然やわ!描き下ろしイラスト、絶対ゲットするわー!

アドニス、強くてカッコイイよな。俺も描き下ろしイラスト、欲しいなぁ。

あら、あら、アドニスが1位なの?強くて頼れる若者なのね。描き下ろしイラストなんて、若い子に大人気でしょうね。

キャラクターの扱いと読者の失望

ブラウザゲーム「ブレイブリーミュージアム」には、イースターに関連する要素が数多く隠されており、特に「アンドロココ」というキャラクターに関連しています。

🔖 関連記事の要約!CONSIDER
CONSIDER

✅ イースター(復活祭)はキリストの復活を祝う行事だが、「イースターエッグ」と呼ばれるカラフルな卵(あるいはそれを模したお菓子)のほうがイベントのメインとなっている。イースターエッグは豊穣や新しい命の象徴とされています。

✅ ブラウザゲーム「ブレイブリーミュージアム」には、イースターに関連する要素が数多く隠されており、特に「アンドロココ」というキャラクターに関連しています。アンドロココには、アイソーン帯(額のイバラ)、プロスパラ如意(聖体とされるパン)、警聖星(知らせる星)など、キリスト教のシンボルを彷彿とさせる要素が多数見られます。

✅ 35弾で登場した「聖凰ベンヌダルク」がカラフルな卵を持っているのは、復活祭に関連した意味深な設定かもしれません。ベンヌダルクは不死鳥フェニックスをモチーフにしたキャラクターで、復活・再生の象徴とされています。また、卵は生命の始まりを象徴しており、イースターエッグと関連付けられています。

さらに読む ⇒�p�V��� �`�r�b�N���n�V��������ف`�p�V��� �`�r�b�N���n�V��������ف`出典/画像元: http://kyutabm.sakura.ne.jp/blog/consider/

「ブレイブリーミュージアム」ってゲーム、イースターにまつわる要素が隠されてるんだって。しかも、人気キャラクターのアンドロココが関係してるらしいよ。

最終回では、多くのキャラクターが雑に扱われ、読者の間で失望が広がった。特に、それまで重要な役割を果たしていたキャラクターが唐突に退場させられたり、活躍の場がなかったりしたことが不満を募らせた。

マジかー!イースターって、キリストが生き返ったんやっけ?ゲームでそんなん扱ってんのか。

アンドロココって、見た目が派手な奴よな。イースターと関係あるんか?

あら、あら、イースターにまつわる要素が隠されてるなんて、面白いわね。アンドロココって、名前からしてキリスト教っぽいけど、どんな関係があるのかしら?

今回は、「剣の王国」の最終回と、「はめつのおうこく」キャラクター人気投票の結果、そして「ブレイブリーミュージアム」のイースター関連要素についてご紹介しました。どの話題も興味深いものばかりでしたね。

🚩 結論!

💡 「剣の王国」の最終回は、読者からの酷評が殺到しています。バッドエンドの示唆やエピソードのカット、SNS投票による展開決定などが批判されています。

💡 「はめつのおうこく」キャラクター人気投票では、アドニスが1位を獲得しました。月刊コミックガーデン6月号に、人気投票1位キャラクターの描き下ろしイラストが掲載されます。

💡 ブラウザゲーム「ブレイブリーミュージアム」には、イースターに関連する要素が数多く隠されており、特に「アンドロココ」というキャラクターに関連しています。