Academic Box Logo

千鳥大悟の家族と出身地は?家庭的な一面とは裏腹?

千鳥大悟の家族と出身地は?家庭的な一面とは裏腹?
📘 この記事で分かる事

💡 千鳥大悟の出身地である北木島は、花崗岩の採石で栄えた島。瀬戸内海に浮かぶこの島は、良質な大材が採れることで知られ、大阪城や明治神宮などの建造物にも使用されている。また、島には「流し雛」と呼ばれる伝統行事があり、毎年旧暦3月3日直前の日曜日に開催されています。

💡 大悟の家族構成は10人で、妻や子供と暮らしている。妻は元カフェ店員で、その美貌から木村カエラに似ていると言われている。大悟は娘を溺愛しており、息子には厳しく接しているようだ。

💡 大悟の父親は、島で丸い石を探す仕事に従事しており、その数はなんと3000個以上にもなる。この丸い石は、島の名産品であり、縁起物として観光客にお土産として渡されている。

それでは、早速千鳥大悟に関する記事をご紹介します!出身地から、家族構成、父親の意外な趣味まで、たっぷりとお伝えしていきます。

千鳥大悟の出身地と家族

千鳥大悟の出身地である北木島は、花崗岩の採石で栄えた島で、大悟の実家は現在、観光名所となっています。島には良質な花崗岩が豊富にあり、大阪城や明治神宮などの建造物にも使用されています。

🔖記事の要約北木島

公開日:2015/06/08

北木島

✅ 北木島は花崗岩の採石と加工で栄え、徳川幕府が再築した大阪城の石垣、旧日本銀行本店、明治神宮、靖国神社などの建造物に使用された。良質な大材が採れ、海運による納期厳守が評価され、瀬戸内の三大銘石産地の一つとして全国各地や海外にその名を馳せた。

✅ 北木島の「流し雛」は和歌山県加太の浦の淡島明神信仰にまつわる行事として300年ほどの歴史があり、旧暦3月3日直前の日曜日に、北木島大浦地区で行われている。麦わらで作った「空船(うつろぶね)」に、桃の花や菱餅とともに、紙で作った雛を乗せ海へ流すと、その年は無病息災でいられると言われる女性の厄除け行事。

✅ 北木島へのアクセスはフェリーか旅客船を利用するが、島の西側(豊浦港、金風呂港)と東側(北木島港、楠港)の港の行き先に注意する必要がある。東西の港間の交通機関はなく、フェリーと旅客船の乗り場も離れているので、行き帰りの船の時間をしっかりチェックする必要がある。また、白石島のみのフェリーもあるので、乗り間違いに注意。海上タクシーの利用も可能。

さらに読む ⇒またたび笠岡。[笠岡市観光協会]またたび笠岡。[笠岡市観光協会]出典/画像元: https://www.kasaoka-kankou.jp/island/kitagishima

家族構成が10人と大家族なのも驚きですね!賑やかで楽しい家庭なんでしょうね。

お笑いコンビ千鳥のボケ担当、千鳥大悟は岡山県笠岡市北木島出身。家族は両親と姉2人の5人家族で、父親は石材業に従事し、現在は島の観光振興にも貢献している。母親は実家を訪れたファンに手作りのお守りを渡すなど温かい人柄で知られている。北木島は「石の島」として知られ、大悟の実家は観光名所となっている。

えー!大悟の実家って観光名所なんや!行ってみたいわー。どんな感じなんやろ?

10人家族ってすごい!大家族って憧れますねー。賑やかで楽しそう。

わしはそんな大家族は嫌じゃ。賑やかすぎて落ち着かんわい!わしは一人でのんびりするのが好きじゃ。

大悟の実家

大悟の実家は、外壁に「千鳥 山本大悟の生家」と書かれた紙が貼られており、大悟の写真とメッセージが添えられています。大悟は実家の外観を自虐的に「指名手配犯みたい」とコメントしています。

🔖記事の要約千鳥・大悟 離島にある実家が観光地に? 掲出写真に中居正広ツッコミ「タイから連行された?」(スポニチ)

公開日:2024/04/17

千鳥・大悟 離島にある実家が観光地に? 掲出写真に中居正広ツッコミ「タイから連行された?」(スポニチ)

✅ お笑いコンビ「千鳥」大悟の実家は、岡山県北木島の観光地となっており、ファンが訪れる人気スポットになっている。

✅ 実家には「千鳥 山本大悟の生家」と書かれた大きな紙が貼られ、大悟の写真と「ようこそ僕の生家へ そして、遠路北木島へ来てくれてどうもありがとう これからも応援よろしくな!」というメッセージが添えられている。

✅ 大悟は実家の外観を「指名手配犯みたい」と自虐し、中居正広からも「タイから連行されたの?」とイジられた。

さらに読む ⇒ニュースサイトニュースサイト出典/画像元: https://mainichi.jp/articles/20240415/spp/sp0/006/315000c

自虐的なコメントが、大悟らしいですね。飾らない人柄が好感持てます。

大悟の実家は岡山県北木島にあり、ファンが訪れる観光地となっている。家の外壁には「千鳥山本大悟の生家」と書かれた紙が貼られ、大悟の写真とメッセージが添えられている。この写真が番組で紹介されると、スタジオからは大爆笑が起き、中居正広は「ええっ!?」と驚いた。大悟は「うちの島にファンの方が来てくれるんですけど、大悟の家がどこか分からんと。それで、これを張ったんやけど、指名手配犯みたい」と自虐で笑わせ、中居からも「タイから連行されたの?」とイジられていた。

大悟って、意外と実家大好きなんやねんなー。実家の外観を自虐してるけど、本当は愛着があるんやろうね。

生家っていう響き、なんかいいよね。故郷に対する愛着が感じられる。

わしは実家に帰るのも嫌じゃったわ。親とうまくいかんかったからなぁ。わしには帰る場所がないんじゃ。

大悟の家族構成

大悟の家族構成は、妻や子供を含めた10人。妻は元カフェ店員で木村カエラに似ていると言われています。大悟は娘を溺愛しており、息子には厳しく接しているようです。

🔖記事の要約木村カエラ「ふと気がつくとキッチンに…」 10歳長女の作品に「可愛すぎます」「私にも作って」の声― スポニチ Sponichi Annex 芸能
木村カエラ「ふと気がつくとキッチンに…」 10歳長女の作品に「可愛すぎます」「私にも作って」の声― スポニチ Sponichi Annex 芸能

✅ 木村カエラが、黒い毛糸で作ったまっくろくろすけの画像をSNSに投稿し、「また時間置いてみたら、もう一匹増えてた。かわいい」とコメントした。

✅ 木村は娘のニット帽も手作りしており、夫の永山瑛太もSNSで「カエラちゃん手作り帽子 ギザカワユス」と絶賛していた。

✅ フォロワーからは「可愛すぎます」「私も作ろう」「リトルプリンセス、私にも作ってー」などの声が寄せられ、木村の器用さを称賛するコメントもあった。

さらに読む ⇒スポニチ Sponichi Annexスポニチ Sponichi Annex出典/画像元: https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/21/kiji/20240221s00041000257000c.html

木村カエラに似てるなんて、美人さんなんですね!大悟が羨ましい!

大悟の家族構成は10人で、祖父、祖母、父、母、姉2人、大悟、妻、娘、息子がいる。妻は元カフェ店員で木村カエラに似ている。大悟は娘を溺愛しているが、息子には厳しく育てている。

えー!大悟の奥さんって美人なんや!うらやましいー。木村カエラに似てるってことは、スタイルもいいんだろうね。

木村カエラに似てるってことは、性格もサバサバしてそう。大悟と合いそう。

わしは年寄りじゃけん、もうそんな若い子には興味ないわい。わしには年相応の相手がいいんじゃ。

大悟の生誕地

北木島の特産品である丸い石をお土産として渡しているという。この丸い石は、島に古くから伝わる縁起物で、魔除けや厄除けになると言われています。

🔖記事の要約千鳥の大悟が北木島の出身なのは有名ですね。

公開日:2017/06/04

千鳥の大悟が北木島の出身なのは有名ですね。

✅ お笑いコンビ「千鳥」大悟の出身地である北木島は、花崗岩の産地として知られ、そこで採掘される「北木石」は耐久性と美しさに優れている。

✅ 記事の著者は石屋であり、大悟が番組で「北木石」について「ものすごい石が売れ残ってるでしょ!!」と語ったことに関して、「北木石」が売れ残っているという誤解を与えかねないのではないかと懸念を示している。著者は、大悟の発言は芸人としての笑いを取るための誇張表現であると理解しているが、一般の人の中にはそれを真に受けてしまう人もいるかもしれないと危惧している。

✅ しかし、著者は「北木石」が靖国神社大鳥居や大阪城にも使われているブランド石であることを強調している。著者は、大悟の発言によって「北木石」の価値が損なわれることを避けたいと考えているようだ。

さらに読む ⇒ミナト石材・湊和也のブログミナト石材・湊和也のブログ出典/画像元: https://minatokazuya.com/?p=4698

北木島の丸い石って、縁起物なんですか?知らんかった!

大悟の出身地である北木島には「千鳥大悟生誕の地」と書かれた看板があり、観光客には家族がおもてなしをしているという。大悟の家族は観光客に島の名産品である丸い石をお土産として渡している。

北木島の丸い石って、なんかご利益あんの?初めて聞いたわー。

縁起物なら、もらったら絶対捨てられんわ。大事にしまっておこう。

わしは石なんていらんわい。そんなもんより、金くれ。わしは金さえあれば幸せじゃ。

大悟の父親

大悟の父親は、島で丸い石を探す仕事に従事しており、その数はなんと3000個以上にもなる。この丸い石は、島の名産品であり、縁起物として観光客にお土産として渡されている。

🔖記事の要約千鳥・大悟、父の背を追い゛丸い石゛探す…地味な初回企画にノブ「初めて弱気になった」
千鳥・大悟、父の背を追い゛丸い石゛探す…地味な初回企画にノブ「初めて弱気になった」

✅ テレビ朝日のバラエティー番組「テレビ千鳥」が日曜午後10時台に昇格し、初回放送では「丸い石を探したいんじゃ!!」という企画を放送する。この企画は、大悟の父親がやっていた丸い石を探す仕事を大悟が体験するというもので、大悟は「島の親分に渡す」という目的を持って川で石を探す。

✅ この企画は、大悟の父親がやっていた丸い石を探す仕事に大悟が挑戦するというもので、大悟は「球体レベルの完璧な丸さ」を求めて川で石を探す。大悟は水に濡れることも厭わず、妥協を許さない姿勢で石を探す。

✅ 大悟に連れられて渋々石を探すノブは、大自然の中で石を探すことに不安を感じ、「『テレビ千鳥』で初めて弱気になってるわ……」と不満を漏らす。ノブは石を探すことに積極的ではなく、大悟の熱心さに呆れながらもついていく。

さらに読む ⇒ENCOUNT | エンカウント ―日本の「今」がここにある―ENCOUNT | エンカウント ―日本の「今」がここにある―出典/画像元: https://encount.press/archives/95056/

3000個以上って、すごい数ですね!どんだけ石集めが好きなのか。

大悟の父親は島で丸い石を探す仕事に従事し、丸い石のエピソードが「人志松本のすべらない話」でMVSを獲得している。大悟の父親は島で拾った丸い石をコレクションしており、その数はなんと3000個以上にもなるという。

大悟の父親って、すごい数の石集めてるんや!石集めって、渋い趣味やね。

石集めって、なんか心が落ち着きそう。わしもやってみようかな。

わしは石集めなんて、時間の無駄じゃと思うわい。そんなことより、金儲けに励むべきじゃ。

大悟の家族や出身地について、いろいろなことが分かりましたね!大悟って、家族思いで、出身地を愛する素敵な人なんですね。

🚩 結論

💡 大悟の出身地である北木島は、花崗岩の採石で栄えた島で、瀬戸内海に浮かぶ美しい島です。

💡 大悟の家族構成は10人で、妻や子供と暮らす大家族です。大悟は家族をとても大切にしています。

💡 大悟の父親は、島で丸い石を探すというユニークな仕事をしています。その数はなんと3000個以上にもなります。