Academic Box Logo

江戸時代のリアル出産シーン。様々な分娩方法と医学書の秘密

ライターのYUKOです。江戸時代のリアル出産シーンについて紹介したいと思います。様々な分娩方法や医学書の秘密についても解説します。

出産時の姿勢の選択

産むときに出産時の姿勢を選択することはできるのか?

できます。

出産時の姿勢は仰向けの姿勢が一般的ですが、近年では産むときの姿勢を選択できる産院が増えてきています。

産むときの姿勢には、仰向け、横向き、四つん這い、椅子に座った姿勢などさまざまなものがあります。

また、陣痛の痛みを和らげるためにいくつかの方法が選べることもあります。

詳しくみる ⇒参照元: 実際の出産はドラマとは大違い。さまざまなリアル分娩方法|たま...

江戸時代の妊娠中の骨盤ケア法

江戸時代ではすでに知られていた妊娠中の骨盤ケアの大切さ

胎児の背骨の方向を垂直にするように整える。

江戸時代から、妊娠中の骨盤ケアの大切さが言われていた。

骨盤を整えることによって、妊娠中~産後のママの体にいいことづくしであることがわかっている。

助産師さんによれば、胎児の背骨の方向ができるだけ垂直になるように、母体の子宮と骨盤を整えることが安産につながるそうである。

詳しくみる ⇒参照元: 江戸時代の医学書にも! 妊娠中の骨盤ケアで安産&プチ不調解消...

骨盤のゆがみチェック方法

骨盤のゆがみをチェックする方法を教えてください

寝姿勢・足先・スカートの回転・横座りの左右差をチェック。

骨盤のゆがみは、様々なトラブルの原因となる可能性があります。

骨盤のゆがみをチェックするには、いつも同じ向きで寝るのがラクだったり、あお向けで寝たときに足先が左右どちらかを向いてしまったり、スカートがくるくる回ってしまったりするかどうかを確認します。

また、横座りをしたときに、左右とも同じようにできるかどうかを確認します。

左右どちらかに座っても肋骨と骨盤の左右差が同じならOKですが、違っている場合は、骨盤のずれや傾きがあるかもしれません。

詳しくみる ⇒参照元: 江戸時代の医学書にも! 妊娠中の骨盤ケアで安産&プチ不調解消...

妊娠中の骨盤ケアで得られる効果は?

妊娠中の骨盤ケアにはどんな効果があるの?

体のバランスが均等になり、血流が良くなる。

妊娠中の骨盤ケアは、安産にいいだけでなく、体のバランスが均等になり血流が良くなることで、おなかの張り予防や、体重増加を抑えられたり、体の冷えが解消できて、頭痛や肩こり、腰痛にも効果的。

さらに産後は母乳の出がよくなったり、体形戻しにも効果的。

詳しくみる ⇒参照元: 江戸時代の医学書にも! 妊娠中の骨盤ケアで安産&プチ不調解消...

助産院での出産に向いている人

助産院での出産が向いている人は?

トラブルなく体づくりに取り組めた人

助産院での出産は、家庭的な雰囲気の中で主体的なお産ができます。

ただし、医療行為が行えないので、トラブルが起きたら嘱託医療連携施設へ搬送されます。

妊娠中にトラブルがなく、積極的に体づくりに取り組める人は向いています。

開腹手術経験者やお産にリスクがある人の出産はできません。

詳しくみる ⇒参照元: 実際の出産はドラマとは大違い。さまざまなリアル分娩方法|たま...