Academic Box Logo

人工呼吸器外し事件の真実とは?冤罪を暴いた衝撃の真実とは!?虚偽自白の闇!そして真犯人は!?

人工呼吸器外し事件の真実とは?冤罪を暴いた衝撃の真実とは!?虚偽自白の闇!そして真犯人は!?
📘 この記事で分かる事!

💡 滋賀県湖東記念病院で「人工呼吸器外し事件」が発生しました。看護助手の西山美香さんが虚偽の自白により逮捕され、12年間も服役する冤罪事件となったのです。

💡 西山さんは知的障害があり、取り調べで強引にアラーム音を聞かなかったと認めさせられました。

💡 しかし、再審の結果、西山さんの無罪が確定しました。虚偽自白は警察による脅迫や誘導により引き出されたものだったのです。

それでは、この事件の概要から見ていきましょう。

冤罪事件の発生

それでは、冤罪事件の発生について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!滋賀・呼吸器事件 元看護助手、再審無罪 自白「信用性に疑義」:東京新聞 TOKYO Web
滋賀・呼吸器事件 元看護助手、再審無罪 自白「信用性に疑義」:東京新聞 TOKYO Web

✅ 2003年の「呼吸器事件」で逮捕・有罪判決を受けた西山美香さんが再審で無罪判決を言い渡され、約15年9カ月ぶりに名誉回復を果たしました。西山さんは知的障害があり、当初は虚偽の自白をしていましたが、再審公判では一転して無罪を主張し、弁護側が患者の死因は自然死の可能性があると主張しました。

✅ 再審公判では、弁護側が西山さんの自白が虚偽で、患者の死因は自然死の可能性があると主張しました。また、西山さんが取り調べ時に飲食物の提供を受けていたことや、捜査段階で誘導的な取り調べが行われていたことなどを指摘しました。検察側は当初、新たな有罪立証を行わないと表明していましたが、求刑は行いませんでした。

✅ 本事件では再審開始までに9年半、再審開始から無罪判決まで1年余りを要し、再審における証拠開示の問題点が浮き彫りになりました。検察官が未開示の証拠を保持しており、弁護側が求めても開示されなかったため、事件の全容解明が阻害されました。この問題は、冤罪事件の再審において深刻な問題となっており、再審制度の改善が求められています。

さらに読む ⇒滋賀・呼吸器事件 元看護助手、再審無罪 自白「信用性に疑義」:東京新聞 TOKYO Web滋賀・呼吸器事件 元看護助手、再審無罪 自白「信用性に疑義」:東京新聞 TOKYO Web出典/画像元: https://www.tokyo-np.co.jp/article/17341

西山さんが虚偽の自白をしたのは、警察官の取り調べに耐えられなかったからでしょう。しかし、警察の取り調べが適切だったのかどうかは疑問が残ります。

2003年に滋賀県の湖東記念病院で「人工呼吸器外し事件」が発生。看護助手の西山美香さんが虚偽の自白により逮捕され、12年間服役する冤罪事件となった。西山さんは知的障害があり、取り調べで強引にアラーム音を聞かなかったと認めさせられた。また、第一発見者をかばう気持ちから、自らの嫌疑を重くする供述をした。

ホンマでっか!?警察はもっと人のこと考えなあかんやろ。ほんまありえへんわ。

よかろうもん、警察も大変なんやろうけど、やらかしたことはやらかしたちゅうとや。ちゃんと反省しろや!

まあ、昔の話じゃから今とは違うかもしれんがのぅ。警察もいろいろ大変じゃったんじゃろうて。

虚偽自白のきっかけ

次に、虚偽自白のきっかけについてご注目ください。

🔖 関連記事の要約!2ページ目)元看護助手の女性に再審無罪判決「〈自白〉の理由は取調官への恋心」 なぜ女性は殺人罪に問われたのか

公開日:2019/10/23

2ページ目)元看護助手の女性に再審無罪判決「〈自白〉の理由は取調官への恋心」 なぜ女性は殺人罪に問われたのか

✅ 滋賀県湖東記念病院で発生した「人工呼吸器外し事件」で、看護助手だった西山美香さんは当初、「アラームが鳴っているのに放置した」と証言するが、後に「私が呼吸器のチューブを外しました」と虚偽の自白をした。この虚偽自白は、警察による激しく机を叩くなどの脅迫や、「音を聞いていたはずや」と強く詰め寄る誘導により引き出されたものであった。

✅ 西山さんの虚偽自白は、警察による脅迫や誘導により引き出されたものであり、事件は「殺した」と自白するような一般的なケースとは異なる「レアケース」であった。一般的なケースでは、容疑者が刑事に問い詰められ「犯行」を自供するが、この事件では、殺人とは考えもしなかった警察による逮捕前の任意取り調べで、関係者が急に「殺した」と自白している。

✅ 西山さんは、同僚の看護師をかばうために虚偽の自白をしたが、自白の内容に不自然な変遷があり、これが刑事による誘導の証拠となった。例えば、西山さんは当初、「アラームが10分鳴り続けた」と供述していたが、後に「消音ボタンを押してアラームを鳴らさなかった」と供述を変えている。

さらに読む ⇒婦人公論.jp|芸能、事件、体験告白……知りたいニュースがここに!婦人公論.jp|芸能、事件、体験告白……知りたいニュースがここに!出典/画像元: https://fujinkoron.jp/articles/-/1139?page=2

西山さんは、取り調べを担当した警察官に恋慕していたことが虚偽自白につながったのかもしれません。取り調べの際に、警察官が西山さんに好意を抱かせようとした可能性があります。

西山さんが虚偽自白をしたきっかけは、取り調べを担当した山本誠刑事への恋慕だった。山本刑事は飴と鞭の取り調べ手法を用い、西山さんに好意を抱かせた。さらに、西山さんが職場での待遇に不満を持っていたことも、自暴自棄になって嘘の自白をする一因となった。

まじでかー!恋愛感情とかマジありえへんわ。警察官ってホンマはもっとしっかりせなあかんのに。

よかろうもん、恋愛感情はちょっとやり過ぎやろうけど、警察官も人間やもん。好きになってしまうこともあるやろ。

あらまあ、警察官も人間なんじゃもんのぅ。恋をするのもしゃあないわい。

無罪判決の確定

続いて、無罪判決の確定について詳しく見ていきましょう。

🔖 関連記事の要約!私は殺していない~呼吸器外し事件の真相~
私は殺していない~呼吸器外し事件の真相~

✅ 2003年に「人工呼吸器外し事件」で逮捕され、殺人罪で懲役12年の判決が確定した元看護助手の西山美香さんは、2020年に再審請求が認められ、無罪判決が確定した。西山さんは当初、警察の取り調べで「自白」させられていたが、第二次再審請求で弁護団が患者の死亡は病死の可能性があると指摘し、無罪が認められた。

✅ 西山さんは当初、警察の取り調べで「自白」させられていたが、第二次再審請求で弁護団が患者の死亡は病死の可能性があると指摘した。この指摘により、再審開始が認められ、無罪判決が確定した。

✅ 西山さんは12年間服役した後に出所し、「無実です」と無罪を訴え続けていた。西山さんは出所後、冤罪被害者として講演活動などを行い、再審制度の改善を訴えている。

さらに読む ⇒ MBS 毎日放送 MBS 毎日放送出典/画像元: https://www.mbs.jp/eizou/backno/17112600.shtml

西山さんの無罪が確定したのは、再審請求が認められたからです。再審請求では、西山さんの無実を証明する証拠が提出されました。

事件当時の調書には「呼吸器を外した後に男性患者がハグハグしていた」など、医学的に矛盾する内容が記載されていた。これが無罪が確定するきっかけとなった。2020年に再審請求が認められ、西山さんの無罪判決が確定した。

ほんまに良かったやん!12年も刑務所におったんやもんな。ほんま許されへんわ。

よかろうもん、12年も刑務所におったら、人生めちゃくちゃよ。再審請求で無罪が証明されて良かったやないか。

そうじゃ、そうじゃ。12年も無実の罪で刑務所におったんじゃからのぅ。ほんま良かったわい。

真犯人と警察の責任

さらに、真犯人と警察の責任についてもご説明します。

🔖 関連記事の要約!裁判長も泣いた…殺人罪の冤罪で10年以上服役、2人の゛女獄友゛の獄中での友情
裁判長も泣いた…殺人罪の冤罪で10年以上服役、2人の゛女獄友゛の獄中での友情

✅ 滋賀県湖東記念病院で発生した「人工呼吸器外し事件」で冤罪が確定した西山美香さんの再審無罪判決において、虚偽自白を引き出した山本誠刑事の責任が問われている。山本刑事は過去に誤認逮捕と暴行で書類送検された前歴があるにもかかわらず、処分を受けておらず、現在も警察官として勤務している。滋賀県警はこの不祥事の責任を問われ、山本刑事に対する適切な処分を求められている。

✅ 西山さんを支えた受刑者仲間の青木恵子さんは、自らの放火殺人事件が事故だったとして再審無罪を勝ち取っている。青木さんは再審無罪後、西山さんの冤罪事件を支援し、励まし続けた。青木さんは「先輩獄友」として、西山さんに冤罪と戦うためのアドバイスやサポートを提供した。

✅ 西山さんと青木さんは「女獄友コンビ」として、冤罪被害者の支援活動を行っており、警察や検察の不正を糾弾している。西山さんは再審無罪後、冤罪被害者支援団体を設立し、講演活動や署名活動などを通じて冤罪防止の啓発活動を行っている。青木さんも自らの経験を活かし、冤罪被害者の支援や冤罪事件の調査・検証活動を行っている。

さらに読む ⇒ビジネスジャーナルビジネスジャーナル出典/画像元: https://biz-journal.jp/journalism/post_154993.html

西山さんを冤罪に陥れた警察官の責任は重大です。虚偽自白を引き出した警察官は処分されるべきです。

真犯人は不明だが、西山さんを冤罪に陥れた山本誠刑事の責任が問われる可能性がある。山本刑事は過去に誤認逮捕と暴行で書類送検された前歴があるにもかかわらず、処分を受けておらず、現在も警察官として勤務している。滋賀県警はこの元凶を野放しにし、冤罪を生み出した責任がある。

ほんまやで!警察が人を陥れるなんて、ありえへんわ!責任はちゃんと取らなあかん。

よかろうもん、警察も人間やから間違いはあるっちゃろ。でも、やらかしたことはちゃんと言わんと。

そうじゃ、そうじゃ。警察も間違いを起こすこともあるんじゃ。その時にはちゃんと責任を取らにゃいかんわい。

西山さんのその後

最後に、西山さんのその後についてお伝えします。

🔖 関連記事の要約!滋賀・呼吸器外し無罪確定へ 西山さん「うれしいよりもびっくり」

公開日:2019/10/23

滋賀・呼吸器外し無罪確定へ 西山さん「うれしいよりもびっくり」

✅ 「人工呼吸器外し事件」で再審開始となった西山美香さんの弁護団が記者会見を開き、検察側が無罪立証を断念したと発表した。これにより、西山さんの無罪が確定する見通しとなった。

✅ 検察側は当初、西山さんの有罪を立証するため新たな証拠を提出する方針だったが、後に一転して新証拠を提出しない考えを示していた。この方針転換の理由は明らかになっていない。

✅ 西山さんは検察側の対応を批判し、「今まで抗告してきたのは何なのか」と疑問を呈した。また、再審判決で無罪が確定すれば両親が安心して老後を過ごせるとして喜んだ。

さらに読む ⇒ 産経ニュース 産経ニュース出典/画像元: https://www.sankei.com/article/20191023-WVHFCYRQIVNFZCA3QKGB5STXEA/

西山さんは無罪が確定した後、名誉回復に努めています。講演活動や冤罪事件の再発防止活動に取り組んでいます。

無罪が確定した後、西山さんは名誉回復に努め、講演活動などを行っている。また、冤罪事件の再発防止に向けても活動している。

ほんまに偉い!かわいそうな目に遭ったのに、前向きに頑張ってるんやもんな。

よかろうもん、無罪が確定しとるもん、前向きに頑張るっちゃろ。頑張ってほしいやね。

そうじゃ、そうじゃ。無罪なんじゃから、前向きに頑張るもんじゃわい。わしも頑張るかの。

近年、数々の冤罪事件が起きていますが、被害者の方々の無実が証明されていることは素晴らしいことです。今後も冤罪事件の撲滅に向けて努力していく必要があります。

🚩 結論!

💡 今回の事件では、虚偽自白が冤罪の原因となりました。取り調べのあり方に問題があったことが浮き彫りになりました。

💡 また、警察の責任も問われています。虚偽自白を引き出した警察官は処分されるべきです。

💡 西山さんは無罪が確定した後、名誉回復と冤罪事件の再発防止活動に取り組んでいます。今後も西山さんの活動を応援していきましょう。