【『先輩の残業=残業文化の育成』という図式に気づけ!】リーダーシップとは何か。先輩リーダーに学ぶ「指導者の心得」 7選

 

リーダーシップってなに?


引用:https://twitter.com/jwahrheit/status/625260665377173504?s=21

いろんな場面において新人や後輩を従える立場になった時、

適切なリーダーシップがとれていると思いますか。

実際にリーダーシップがとれているかどうか不安な方にとって

為になるエピソードが話題に!



 

指導者の心得


引用:https://twitter.com/jwahrheit/status/625260665377173504?s=21

今回、ネット上で注目されているのは世のリーダーたちが

実践してる「指導者としての心得」を7つ紹介しますね。

上に立つ機会が増えた方や、部活でまとめ役になる方など

ぜひこの機会に参考にしてみてくださいね。

その気になるエピソードがこちら。





  

 

No.1

みなさんはどちらの言い方のほうが、返答しやすいですか。

ほとんどの人が、後者の方が反応しやすいと考える方が多い

のでぜひ何かあったら後者の言い方を真似てみてはいかが

でしょうか。



 

No.2

熱血なイメージが強い修造さんですが、決して

勝てなかった時に怒るなんてことはありませんよね。

手を抜いた時などは怒りますが、怒るタイミングを

きちんと見計らっている感じがしませんか。






  

 

No.3

初めての作業だと誰だって一方的に言われても分かりませんよね。

そんな時に、このような教え方をされたらわからないことが

途中で出てきても先輩に聞きやすく、自然と部下にとっても

身につきやすくなってくるのではないでしょうか。



 

No.4

部下からしたら、分からないことがあった時点で

すぐに上司に確認したくなるものですよね。

そんな際に、上司が手を外せなくても必ず時間を

作って心配してくれる様子があれば頼りになるなと

思いませんか。

そんな上司になれるものなら誰だってなりたい

ものですよね。





  

 

No.5

教育現場では教師の残業問題がかなり問題視されていますよね。

他の業界でも残業はありますが、教師の過剰労働が度々話題に

なるのでまずは30代以上の人が声をあげることによって、

少しずつ改善されていくのではないでしょうか。

あまりにも業務が多すぎると、教師を志望する若者が減って

しまいますもんね。



 

No.6

体育会系の部活では上級生と下級生の関係が

こちらのようになっていますよね。

それ自体が悪いことではないですが、上級生の

方が逆に下級生に寄り添えるかで部活の雰囲気も

ガラッと変わってくると思いませんか。






  

 

No.7

「前に教えましたよね?」なんて言われたら、

誰だって威圧的だなと思ってしまいませんか。

それほど、たった一言で相手に与える印象が

変わるので言い方も大事ですよね。



 

Twitterの反応は?

聞く側だけではなく、聞かれる側もどうせ言ったところで

なにも変わらないだろうなんて思ってしまっているのかも

しれませんね。

だからこそ、声かけ一つとっても相手がどのような受け取り方を

するかなど考えた上で言った方がいいのかもしれませんね。

「分からないことを聞く」ということができるか

できないかで、部下の成長度が変わってきますよね。

聞きづらいような雰囲気がなければ、自然と部下も

上司を頼って聞くようになりますもんね。





  

 

番外編

できる上司からしたらこのような言い方を

したら、新卒の子も慕ってくれ仕事もより

熱心にしてくれると分かっていたのかも

しれませんね。

どんな人でもこのような言い方をされたら、

いつも以上に仕事を頑張ろうと思いますよね(笑)



 

いかがでしたか?


引用:https://www.cosme.net/biche/articles/WtXNQ?page=2

今回紹介した「指導者の心得」を見ていると思わず、

「これわかる!」なんて思ったエピソードもある

のではないでしょうか。

必然的に誰もが部下や後輩がtできてくるので、

このような関わり方を知っているだけで良好な

関係を築いていけるでしょうね。

 

《参照元サイト》


引用:https://curazy.com/archives/224660