事件!?自殺!?芸能界の未解決事件を見ていくと驚愕の事実が浮き上がってきた…

 
 

ケント : こんにちわ、ケントです!
今日は芸能人の事件をご紹介します!!


ヒロミ : なんだか本当のとこってわからないですね….


芸能人の未解決事件…

伊丹十三

【生年月日】1933年5月15日
【没年月日】1997年12月20日
【職業】俳優・映画監督
【映画】お葬式(1984年)タンポポ(1985年)マルサの女(1987年)

1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見された。
事務所にワープロ印字の遺書らしきものが残されていて、そこに「死をもって潔白を証明する」との文言があったが、死の真相は依然として謎である。

 
 

写真週刊誌「フラッシュ」により不倫疑惑が取り沙汰されたことに対する抗議の投身自殺とする説や、「ミンボーの女」公開後に襲撃事件があった経緯から、当初から暴力団の関与を疑う声はあり、映画「マルタイの女」を快く思わない暴力団や某宗教法人が関与したという説もある。
また、伊丹は自殺の5日前まで、医療廃棄物問題の取材を続けており、その問題を追及していて殺されたとする説もある。

【伊丹十三襲撃事件】
1992年5月22日8時40分ごろ、世田谷区自宅付近のマンション近くの駐車場で、映画監督の伊丹十三(当時55歳)が、車から降りようとするところを複数の男に襲撃されて、左顔面、くび筋、耳などを鋭利な刃物で切られ、重傷を負った。
伊丹は当時民事暴力介入をテーマにした映画、「ミンボーの女」を制作。5月16日に公開がスタートしたばかりだった。そして事件から6ヵ月半後の12月3日、警視庁は後藤組組員5人を傷害の容疑で逮捕。5人は同月末に全員起訴され、その後、懲役4~6年の実刑判決を受けた。