【驚愕】元アイドル・七海ティナがセ○シー女優に挑む 「自分を知ってもらうためにA○を選ぶ理由」とは

 

元アイドルの衝撃的な過去

View this post on Instagram

5月25日(金) 16時~16時50分 . 今日は公開ラジオですすす!!! . ShibuyaCross-FM オオカミ少年片岡の君こそスターだ!! . ゲスト 七海ティナ . 88.5MHz または shibuyacrossfm.jp にて放送 . 観覧無料なのでー!渋谷にぜひ!🕺✨ . . それから、ヌードDVDの予約も開始したので ぜひぜひお願いします✨ よーし、 久しぶりの東京たのしむー! . . あと、昨日初めてボクシングで怪我した! 小指らへんに傷できるのはフォームが まだダメな証拠らしい🤔 中指らへん意識するの難しい🤔 . #七海ティナ#ヌード#ラジオ#渋谷 #名古屋#アイドル#グラビア#ボクシング女子#ボクシング#筋トレ#筋トレ女子

A post shared by 七海ティナ (@tinaaaaa1208) on

有名な地下アイドルグループを解雇された過去を持つ

ある女性が、様々な逆境を跳ね除けよいやく2019年1月10日に

SODで専属デビューすることが決定し話題に。

アイドルとして脚光を浴びていたはずのその女性がなぜ、

真逆の世界でデビューすることになったのかについて、

注目が集まっているのでご紹介しますね。



 

セクシー女優へ転身

その話題の女性が、七海ティナさん。

現在もアーティストとして活動する彼女が次に飛ぶこむ

世界はなんと、AVの世界。

なぜ彼女がその世界に足を踏み入れたのかについて、彼女に

実際にインタビューした内容もふまえてみていきましょう。





  

 

スタイル抜群

彼女といえば「スタイルの良さ」が印象的。

そのことを正直に彼女に伝えると意外な返答が

返ってきたんです。

その意外な返答とは・・?



 

昔は70キロだった!?

七海:「もともとはスレンダーじゃなくて、頑張ってこれになったんです!

昔は70キロあったので…正直どすこい体型でした(笑)

実際、人生で太っている時期のほうが圧倒的に長いですし。」

男性にも負けず劣らずのサイズだった彼女は、グラビアが

きっかけで本気でダイエットすることを決意したそうなんです。






  

 

ヌードにも挑戦!?

View this post on Instagram

また来てしまった…。アメリカフェ。 かき氷を週4位で食べている…。 そりゃ太りませんわな(´・_・`) . . ぬーんって感じのお天気ですね(´・_・`) 私は今まで、本当に口と脳みそが直結していて すぐ発言してしまうのだけど ここ最近は余計な事は言わないでおこう! という生き方にチェンジしたのです。 しかし 本当に知らないところで色々ありすぎます(´・_・`) え、なにそれ?(´・_・`) という事があまりにも多すぎる(´・_・`) 知らないところで自分に関わる知らない出来事があると、誰でもびっくりしますよね。 . でも、新しいステージへ行くための事柄なんだなって、気持ちは常に前向きです。 前へ進むことへ障害があることは、とことん無くしていこう。 これからもっとこういう事沢山出てくるだろうし、練習ですね! かき氷食べて忘れましょう🕺 . . 目の前の人の言葉を信じて 目の前のファンを大切にして 応援してくれる皆を素直に受け入れて ごちゃごちゃさせる事柄からは 目を背けて、前だけ向いて 七海ティナは進んでいくよ。 . 今日もみんなが幸せでありますよーに☺️💓 . 今までの古いステージ 沢山の経験と知識をありがとう☺️ . #アメリカフェ#かき氷#ameliecafe #栄 #名古屋#カフェ

A post shared by 七海ティナ (@tinaaaaa1208) on

現在は、グラビアアイドルとソロアーティストとして

活動し、様々な活動の中でなんと「ヌード」にも挑戦

されているんです。

もちろんそんな彼女のこの挑戦には話題が集まったん

ですよ!

七海:「ヌードはグラビアの延長線だったんですけど、

『もっと知ってもらいたい』と言うのが根本にあって。

もちろん反響はありました…賛否両論。でも、どうやったら私

って言うのが広まるんだろうってずっと思ってて…。」



 

なんでヌードをしたの?

彼女がアイドルから真逆の世界に挑戦した頃は、

「ヌード堕ち」なども囁かれたそうなんです。

それでも、実際はそうではなく彼女自身は自分の存在を

広めるため自ら選んで出した答えが「ヌードの挑戦」や

今回の「AVデビュー」だったわけなんです。

そのように考えれば、ひとつの手段だと思えてきませんか。





  

 

原動力は?

View this post on Instagram

土日楽しかった💓 ボクシングジムで鬼の様なトレーニングをして、伊勢神宮と長島アウトレットとカフェ。 からのまたトレーニングと練習🏋️‍♀️🕺 . 伊勢神宮で、猫のキャンドルに絵付したり 長島で一目惚れしたボトムが鬼セールで半額以下だったから買ってしまったり(子供サイズだけど着れた) トレーニング様のダンベル買ったり 前に進むための良いお金と時間の使い方ができたなーと☺️💓 . アウトレットはお財布のみかたですなぁ😳✨素晴らしい👏 . 今日もありがとう☺️ , #伊勢神宮#キャンドル#ROXY#サーフスタイル#ジム#筋トレ#ロキシー#長島アウトレット #長島#トレーニング#三重#名古屋#猫好き

A post shared by 七海ティナ (@tinaaaaa1208) on

彼女がここまで「自分を広めたい」と思う理由が

彼女の母親が関係していることが話を聞いていると

わかったのです。

七海:「ティナっていうのは本名なんですね。

母が『世界で羽ばたいてほしい』という思いを

持って付けてくださったので。

それを実現したいと考えていたんです。」

このような気持ちから、彼女は今回のデビューに

繋がったのでしょうね。



 

デビューまで葛藤があった

強い軸を持ちデビューを決心した彼女ですが、実際のところは

最終的な決断はそう簡単ではありませんでした。

七海:「正直AVって言うのは一番の山だったんです(笑)。

地上波で活躍するセクシー女優さんもいるけど、やっぱり

偏見がなくなることもないし。

母からも『そっちにだけは行かないでね』と反対されてたので。

そんな一番大好きな母が反対していることをやるって決めてて…

それでも、先日デビューを母に伝えたら応援してもらえることになって。」

やはり、本人がしたいと思っていても母親にこの事実を言うのには、

かなりの勇気があったようですね。






  

 

撮影してみて・・・

実際に彼女が撮影を経て、どのようなものを

得たのかを尋ねてみると・・

七海:「アイドル時代と違ってAVは個人プレイで、

やるかやらないかっていうのは完全に自分次第。

誰々がやってるからこれをやろうって進めると

二番煎じになっちゃうし。

でも正直…ひとりでもしたことないし、AVも

一度も見たことなくて(笑)。

だから発信するものとして、もっと自分のことを

知らないといけないと思いました。」

アイドル時代と全く違う世界でたった一人で

勝負することにまだ慣れない部分はあっても

やる気に満ち溢れた気持ちを持っている彼女が

今後の意気込みをこちらのように語ってくれました。



 

今後の意気込み

今後セクシー女優として活動する意気込みを

彼女はこのように語ってくれました。

七海:「見てくださる方と一緒にエロの部分を、

楽しみながら成長していけたらいいなって考えてて。

経験ないことにも挑戦していくので私から目を

そらさずに見てほしいなって思います。」

昔からのファンはもちろんのこと、セクシー女優に

なってからのファンの方にも応援したくなるような

雰囲気が彼女にはありますよね。





  

 

二足のわらじ

View this post on Instagram

. 撮影して頂きました。 photo by @gorotogo さん . 本当に素敵に撮って頂けて いつものグラビア撮影時とは 打って変わって違う自分の一面を 引き出してくださったので とっっても満足でござる✨🕺 . アイドルお友達やその他芸能で頑張っている方 名古屋に来て撮影したいなー と思ったらぜひ @gorotogo さんへ😳 . 紹介してくれた親友ちゃんにも 鬼感謝でございます☺️✨ . . ヘアセットと、撮影場所は +libero.hair laboさんに ご協力頂きました!! ありがとうございます☺️ . こちらも素敵なサロンなので お近くの方はぜひ👍 スタイリストDAIKIさんはも気さくな方でお話していて 話題が尽きず、楽しく撮影できましたよん! . . . こういう雰囲気のお写真 大好きだからココロオドル🕺エンジョイ!🕺🕺 #リベロヘアーラボ #名東区ヘアサロン #名古屋ヘアサロン #七海ティナ

A post shared by 七海ティナ (@tinaaaaa1208) on

セクシー女優としても活動することになった

彼女ですが、今まで通りアーティスト活動もされる

そうです。

今までいるようでいなかったタイプの女性ですが、

どちらの活動も一生懸命する姿から目が離せませんね。



 

いかがでしたか?

元アイドルがセクシー女優へ転身ときくと、

「おちぶれたな!」なんて思う人もいるかも

しれませんよね。

それでも彼女自身が決断し、挑戦する姿は同性

から見てもカッコよく写りませんか。

 

《参照元サイト》


引用:https://sirabee.com/2018/12/04/20161902890/