【驚愕】現実には無理!?ハリウッド映画のせいで信じられている10の嘘

 

 

現実には無理!

ハリウッド映画で見る光景は本当にあり得そうに思いがちですが、現実では全く違う結果になるものもあります。

そこで今回は、ハリウッド映画のせいで信じられている10の嘘を紹介します。

 



 

1.爆弾

映画では爆弾が爆発すると大きな火柱が上がって、迫力満点の映像が流れますよね。

一方、現実では爆弾が爆発すると、巻き上げるのは塵と瓦礫のみで映画とは全く違うんです。

 





  

 

 

 

2.飛行機

映画では、飛行機の機体のどこかに穴が開くと、そこから人が吸い出されるように落下していきますよね。

一方、現実では、客室と外の気圧の差は数秒でなくなってしまうそうです。あとは、少しうるさく感じるだけなのだとか。

それでも絶対に遭遇したくはないですよね。

 



 

3.ピラニア

映画に登場するピラニアはとても凶暴で、一瞬で人を食い尽くすイメージがありませんか。

でも現実では、意外とピラニアは臆病な魚なので、ピラニアに襲われて亡くなった人はいないそうです。

 

 



  

 

 

 

4.通気口

アクション映画などでは、主人公が通気口に身を隠すシーンがありがちですよね。

一方、現実ではまず通気口に入るなんて狭くて無理なんです。映画のセットだから、可能だったんですね。

 

 



 

5.巨大隕石

映画では、巨大隕石が地球に落下するという設定の映画もありますよね。

現実に起きたらどうしようと思うかもしれませんが、天文学者は常にモニターを監視していて今後100年の間に落下する隕石は全て判明しているそうです。

 





  

 

 

 

6.車

映画に登場する車は、ちょっとした坂や段差で何mも空中を飛んだりしますよね。

運転技術があればできるかもしれませんが、着地するとサスペンションが壊れたり、車体が横転してしまうのが現実です。

 



 

7.銃撃

映画での銃撃シーンでは、撃たれた人はすぐにパタパタと倒れていきますよね。

でも現実では撃たれても急所を外れていれば、さらに数mの距離を逃げることができるそうです。

 

 



  

 

 

 

8.溶岩

映画では主人公が溶岩のある場所に追い込まれて絶体絶命のピンチ!、でも結局は敵が落ちてしまうというシーンがありますよね。

落ちたら一瞬で沈んでしまいますが、現実には溶岩はとても密度が高いものなので沈むのは不可能でハマッて抜け出せなくなるだけなのだとか。

 



 

9.監視カメラ

映画では、監視カメラに映った人物は鮮明なので特定することができますよね。

でも現実では監視カメラの解析度はとても低いため、それだけで人物を特定するのは難しいのだそうです。

 





  

 

 

 

10.流砂

映画では流砂に入ると、一瞬で溺れ死んでしまうシーンもありますよね。

一方、現実では実際に流砂に入ってもそこまで沈むことはなく、人や動物が溺れることはないのだとか。

 



 

動画でチェック

今回紹介した内容はこちらの動画で紹介されていますので、ぜひチェックしてくださいね。

あなたが現実だと思い込んでいたものは、いくつありましたか?

 

<参照元サイト>

引用:https://www.youtube.com/watch?v=XJydTghDq80&t=5s