【閲覧注意】山で遭難、宙づりで死亡した遺体の収容!1960年のニュースが衝撃的すぎる

 

 

 

非常に困難

亡くなった2名は宙吊りの状態で発見されたため、その遺体の収容は非常に困難でした。

また2人が遭難した場所である衝立岩は、当時登頂に成功していたのは1人のみという非常に危険な場所でもあります。

 

 

不可能?

そのような場所で宙吊りになっている2名を収容するのは、二次遭難の可能性が高いために不可能と思われたのです。

当初は油に浸した布を巻いた長い棒に火をつけて、ロープを焼き切るという案も出されたのですが、実現できませんでした。

そこで実践されたのは‥