フランスの劇場では18歳未満の○行為鑑賞が一部解禁となったらしい!

 

 

 

ジョエル・シャプロン氏

フランスの映画業界に関する本を執筆しているジョエル・ジャプロン氏は、

「この禁止令は馬鹿げている。実際の生活では、映画以上のことが行われているではないか。18歳以下だから映画を観る権利がないと排除するのは、不誠実で偽善でしかない」

と述べています。

 

 

新たな法令

新たに文化・通信大臣に就任したオードレ・アズレ氏は、18歳未満が鑑賞禁止とされている基準の見直しを行い、2月にも規制緩和に向けて法令を改正すると発表しています。

そしてこの新たな法令とは、既存の「自動性」を削除するようです。

ただし!