【衝撃】「あなたは何を思う?」動物のように展示された人々の10枚の写真

 

 

 

19世紀の「フリークショー」

19世紀に大人気だった「フリークショー」では、障害を持って生まれた人たちがまるで動物園の動物のように展示されていました。

奇形があることを自分の個性だと活躍する人もいましたが、多くの人たちは興行主の思うがままに利用されていたそうです。

今回は、実際に展示された人々の10枚の写真を紹介します。あなたは何を思いますか?

 

 
 

 

1.エラ・ハーパーさん


https://www.youtube.com/watch?v=awy-aJthMao&t=109s

エラ・ハーパーさんは生まれ持って、膝の関節の奇形を抱えていました。

19世紀末には「ラクダ少女」という芸名で、サーカス団とともに全米ツアーを行なっています。

 



   


本人たちは冗談や面白半分でやったことも、...